薬剤師業界情報

意外と知らなかった2018年10月1日からの政策

この2018年10月1日から、制度的対応が行われているものがあります。

そう、それは。

生活保護制度において医学的知見に基づき使用を認めている場合に限り、後発医薬品の使用を原則化する、後発医薬品の使用原則化です。

意外とこのオンタイミングではレセコン各社のみの対応で
しばし後でおそらく各地域の薬剤師会、レセコンからの重要アップデート等で
連絡がいくかと思われます。

後発品を生活保護受給者に対して
使用する処理基準が明確化されていますので詳細を見てみましょう。

処理基準として定めるのは以下

  • ア 一般名処方又は銘柄名処方であって後発医薬品の使用を可能とする処方がなされた場合は、下記の通りの取扱いとなるので、指定医療機関及び被保護者に対して周知すること。
    • 原則として後発医薬品が使用されることとなること
    • 指定医療機関に在庫がない場合や、後発医薬品が先発医薬品よりも高価な場合は、先発医薬品を使用することもあり得るものであること(その場合、以降は後発医薬品を使用できるよう体制整備に努めること)
    • 医師等が後発医薬品の使用を可能と判断しているにもかかわらず、先発医薬品の使用を希望する患者に対しては、指定医療機関において説明を行い、理解を求めること
  • イ 上記アの指定医療機関による説明を受けてもなお先発医薬品の給付を希望する患者に対しては、福祉事務所においても、制度について改めて説明を行い、理解を求めること。

つまり、過去の流れではレセプト適応等で
患者の意向で延々と先発調剤をしていたものが、
今回の10月1日からは、可能な限り原則は後発品調剤。
備蓄事由で初回は先発ではいいが、二回目以降はダメ、ということ。

そのため、過去の支払基金からの打診では、
それぞれ、レセプト適応に、先発で調剤した理由を記入していましたが、
(患者の意向、薬局備蓄、など)

今回よりそのレセプト摘要欄へのコメントが、
レセプト電算コードと紐づけられましたので、
各支払基金が総じてチェックしていく予定です。

今まで、フリーコメント等でレセコメ等で
上記先発調剤事由を入力していた薬局ではきちんと各レセコン
会社に応じた入力に変更になっているはずなので急いでチェックしましょう。

 

くじらブログの人気記事

薬剤師検査値処方箋トレーニング 1

ここ数年、検査値の処方箋の流れがきていますよね。 また日経Diでも記載されていましたが、以下のシーンが多くなってきています。 薬剤師業務で最近増加してきたこと ・医師から在宅等で処方内容を相談される ...

2

2021年現在で最高の保冷剤を今日は紹介。 季節がらアウトドア、ピクニック、キャンプと保冷剤が大活躍の季節。 保冷剤、スーパーやケーキ屋さんでもらう格安の保冷剤を使っていませんか? 格安の保冷剤は保冷 ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師業界情報
-, ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と薬剤師転職 , 2021 All Rights Reserved.