薬剤師業界情報 薬剤師転職について

薬局の求人「選び方」と薬剤師転職の秘訣教えます。

薬局求人探し方

薬剤師の転職事情が激変しています。
直視したくない現実ではありますが、正直なところ、劇的に変化しました。
求職者側としては、受かる確率の低下(年齢層にもよりますが、一般的に40代後半からは激化)
、採用側にとっては将来を見据えた採用方針の舵切りになっています。

薬局の求人で困ってる方がかなり多いのが実情。
薬剤師の転職手助けと薬局側への面談アプローチ方法として今回は徹底解説しましょう。

中堅薬剤師
薬剤師の転職でなかなか書類選考の場合でも希望の内容や法人薬局に通らないわ・・。自分でネットで薬局求人で検索してみるけどいらんな求人薬剤師サイトに繋がってよくわからないし・・・。個人向けの公開薬局求人も見れないしすごい探すのが大変。正直

薬局の求人と地域名を検索しても
ヒットするのが、大手の薬剤師転職サイト。

自分のいきたい地域に目星をつけて薬局名で検索をかけても
ホームページすらない・・・。
情報も一切なくよくわからない。

結局、薬局求人で検索してから上位に出ている
薬剤師転職サイトに登録していませんか??

同様の悩みが多いはず。
今回は薬局求人について、最新の動向、注意点、探し方について記載します。




くじら薬剤師?

薬剤師の面接と問題解決が日常業務。
大きく変化する時代に合わせた薬剤師採用をコンセプトに企業サポート。
豊富な面接経験で、薬剤師の転職相談に力になれます。

薬剤師の転職相談

薬剤師転職相談

また、人的薬局マネージングの分野で中小薬局を協力サポート。
人的問題、薬剤師採用で困っている、
薬局運営でどうしていいか分からない不安。
多様な問題化する薬局運営の相談業務で助けることができます。

薬局運営の問題は多様化

薬局運営の問題は多様化

お問い合わせは下記ボタンからお気軽にされてください!
一緒に頑張りましょう!

お問い合わせはコチラ

 

 

 

 薬局求人は減少傾向、かつ面接難易度の上昇傾向。自分で探さず最大手薬剤師会社一択にする

まずは薬局の求人についてどうするのか、の結論です。

大手の薬剤師求人サイトを使うのが一番の正解。
これだけです。新興薬剤師求人サイトもかなりいいエージェントが在籍していますが
旧来さながらの情報と経験の蓄積、大手薬剤師求人サイトの強さは計り知れません。

ココがポイント

薬局求人の探し方は、昔からある最大手一択です。

薬剤師転職メモ

薬剤師転職サイトは最大手の転職サイトを選べば解決です。
最大手でも解決できない転職事情は、小規模になっても転職は失敗するでしょう。
結論の、どの転職サイトを選べばいいか、は薬キャリ一択。(旧エムスリーキャリア)

薬剤師転職サイトは業界最大手の薬キャリの選択一択です。登録無料なのでお気軽に。>>公式サイトはこちら

 

薬局求人の書類選考の難化理由は、ずばり調剤報酬改定絡み。

薬局の求人で迷うのが、薬剤師人材紹介サイトですよね?

がーん
薬剤師転職とかで検索すると永遠に広告などが出て、どれにしたらいいか分からないにゃ

薬剤師の転職事情はこの3年前後で恐ろしいくらいの難化、
さらに去年から今年にかけて更に難化しています。
調剤報酬改定の流れで、よりいっそう「機能的な薬局」が求めれれ、
多動的でマルチタスクができる薬剤師が求められているのが実情です。

一人で40枚の処方をこなす、多数の処方箋を体験している、
それだけではまず書類でも通過しないのは間違いありません。

これはグーグルの検索ワードを調査してみても、容易に判断ができます。
というのも、急増しているのが「薬局求人ない」「薬局求人探し方」
「薬剤師 転職方法」などの検索ワードなんです。
薬剤師の転職で困っている人が多いんですね。

薬剤師転職の難易度

薬局への転職失敗が多く、個人で求人を探す薬剤師が増加

転職事情としては過去は自分の体験科目、体験応需枚数などをベースに
簡易的な面談をしたらよほどのことがない限り採用の傾向にありました。

まず面談まで到達しない、というのはあまり発生していません。

しかし、昨今の薬剤師転職事情は劇的に変化。
何も対策をしていないと、まず書類でさえ通過できず、
面談にいくことさえできません。




 

注意ポイント

薬剤師の転職は、職務経歴書や対策しないとまず受かりません。
(薬剤師の職務経歴書の秘訣は最後尾にリンクがありますよ。ぜひ参考にされてください)

薬剤師転職の難易度が上がっています。
しかし、対策をすれば劇的に採用される確率は高まりますので、
対策をきちんと行なってから薬局の面談の準備にかかりましょう。

薬剤師の面接対策。薬局作業のファクトベースで数字関連の過去を職務経歴書へ記載しよう。

薬局の転職で必須となるのが、職務経歴書。
同一法人で異動があった場合でも、どのうような科を中心にうけ、
薬剤師・事務の人数体制、枚数の基本データを記載をしましょう。

データの羅列だけではいけません。
薬局の法人採用側として念頭にあるのは以下の内容です。

薬局の人事の頭の中

・採用したら、どのように薬局が変化していくか常に探っている
・人柄、他人との協調性があるか
・専門性分野の研修はあるか
・後続の教育の観点、価値観
・Drへの対応、医療従事者への対応
・調剤報酬改定の理解はどうか

薬局の求人は、減少傾向です。
難易度も上昇傾向にあるので絶対に対策が必要です。
都心部、中心地域で薬局求人を探すなら尚更必要となるでしょう。

パートだから・・が昨今の薬局の求人では通用しなくなっています。
パートに関しても正社員なみの同様の動き方があれば正直、
時給単価としては2500円以上は確実に狙うことができます。
ただしこの場合は、自分がしっかり交渉することが必要です。

交渉。正直薬局の面談においてはほとんどの方が素人であるし、面談をする上で非常に難しいですよね。
薬局の求人が少なく、難易度が上がっている背景。
自分自身の職務経歴でプラスアルファになるようなものがあれば
交渉は可能です。むしろ今の段階だからこそ行うべきでしょう。

交渉については、素人が行うと採用に繋がらない(風潮がある)ので、
薬剤師転職エージェントを使うべきです。
交渉をしてくる薬剤師、に慣れていない薬局企業側の問題も多々あります。
お金いついてはリテラシー問題が日本の社会は多いので
薬剤師転職サイトに任せればいいのです。

シニアの薬剤師の転職も当然ですが、激化していますよね。
ほとんど転職は困難な地域があります。
それであれば、自分にとって今からでもいいので「何ができるのか」
薬局での作業経験を構築していく必要があります。
自分で薬局求人を探すのは困難を極めます。
エムスリー(薬キャリ)などの大手転職エージェントに一択集中で転職を任せるようにしましょう。

業界最大手の薬キャリ転職サイト。登録無料です。>>公式サイトはこちら

薬剤師の転職のコツ

  • 自分自身で薬局運営で長所がある動きができるのであればあるほど、給与交渉は可能。
  • 交渉は絶対に薬剤師転職エージェントに任せる
  • 交渉能力があっても、まだまだ風潮的に個人で行うのでなく、薬剤師転職サイトのエージェントの任せよう

ファクトベースでの職務経歴ですが、
詳細に関しては最後尾のリンクからみてみてください。

薬剤師の転職、薬局求人で成功する最大のポイントは以下。

・調剤報酬改定の中で自分が何が強いか記載できる
・医療関係者、医師への折衝関係の強さ
・在宅関連の強さ
・薬剤師としての専門性

大まかに分けては上記になってきます。
「この薬剤師に任せれば、薬局がどう変化していくか」
と自分で予想しながら記載していくことが重要になります。

ただ単に、処方箋の体験科目と経験ではもう採用はされないでしょう。
時代は変化していますが、受け入れるしかありません。

まだ転職を一切考えてない方であっても、
自分が調剤報酬改定に沿った動きはどのようにできているのか
考慮しながら勤務する必要があります。

分からない人
えっ?上から指示や報告が多いけどめっちゃ面倒なんだよねぇ。転職も考えてるんだけど。
大手や中堅の薬局規模で指示やノルマに似た流れと報告があると思うけど、これは中小規模の薬局ではもっと頑張っておこなっている場合も多いよ。報告制度は少ないかもしれないけど、作業的にはややハードな場合が多いんだ。
くじら薬剤師
分からない人
小さい規模の薬局に転職してちょっとこの締め付け感が強い企業から抜ける・・って思ったんだけど・・
小さい規模で行なっている方が、利益について追従している頑張っている薬局もあります。より一層、調剤報酬改定の動きにシビアになってるよ!上からの指示報告体制が嫌になって転職しても、必ずおなじ理由で転職を繰り返す状況になるからやめておこうね。
くじら薬剤師




 

ノルマ制度、薬局のトップからの指示や報告制度の多さで転職するのはおすすめしていません。
小さい規模の薬局に転職すれば、大手ほどの報告制度はない傾向にはありますが、
それ以上に孤軍奮闘しないといけない背景が多い傾向にあります。

大手では休日についてはある一定のレベルで保証されていますが
小さい規模の薬局にいけばどうでしょうか。
そのあたりのバランスをよく考えないといけません。

話はもどりますが、自分にとって薬局勤務で薬局運営にとてってプラスαになる作業の蓄積をしていく必要があります。

ココがポイント

薬局薬剤師としての最新の基本は、調剤報酬改定・勉強系知識の構築です。

薬剤師の転職として念頭に常に入れることは冒頭でも記載しましたが、
調剤報酬改定の算定系、動き系で薬剤師が
自発的に作業できる内容の蓄積を今からでもしていきましょう。

薬局では受ける科目に差がでますので、今の薬局で規模的に何が推進できるのか
再度チェックしましょう。中堅規模以上の薬局では当たり前の作業となりますが、
基本に戻って自分が何が積極的に算定でき、薬局を動かせるか考える必要があります。

薬剤師転職成功の秘訣メモ

・各種算定系は自分が何ができる?
→吸入薬指導加算・トレーシングレポート・在宅・重複投与相互作用等防止加算
・かかりつけ算定数とそれに伴う動きが何ができるか
・在宅での地域連携での動きは何ができるか
・透析・抗がん剤・腎機能関連領域に強ければ無双

薬剤師としての知識は積み重ね。
ある一定の広い教養は必要ですね。

誰もが持ってる。あなたは読んでる?

めちゃハマる薬剤師マンガ

盲点をついてきた薬剤師本

各種算定数は薬局の利益や、申請のハード面での申請基準になるので
必ずベースでは必要です。

向き不向きはあると思いますが実績にはなりにくいが重宝される能力としては、
後続の育成、薬局実習の担当が可能、在宅特化での動き、という能力があります。

スーパーマン薬剤師である必要は一切ないですが、
他人と違うどんな特殊な能力があり、薬局をどう動かせそうか、を
考えた能力が必要でしょう。

過去には薬歴について特化して薬局をメンテナンスしていた薬剤師もうまく転職につなげていました。
遵守事項や薬剤師があまり気にしない法令関連の文章、手順書作成もニッチ分野。

在宅に関して伸ばしていく能力が非常にイージーで、
どの薬局でも経験が積み重ねることができそうです。
在宅に関しての不安や作業は以下の本が最強です。

自分の特殊能力を記載できるようになってから、薬剤師転職サイトに登録すること。そして最大手に。

今回の薬局求人についてのブログ内容をまとめていきます。

薬局求人についての今回のブログまとめ

  •  薬剤師として、調剤報酬改定内容にそった働き方ができるか
  •  在宅への薬剤師としての関わり方、実習生や後続の育成能力も超絶プラス
  •  常にサポート薬の薬剤師であれば今からでもトレーシングレポート系の能力でアピール
  •  薬局の求人は絶対に自分で探さない。最大手に任すだけ。これが楽で連絡も簡単。

今は薬剤師の求人も少なくなっています。
自分で探すの至難の技。
はっきりいって、最大手の薬剤師転職サイトに登録しておけば、自分の作業や連絡の煩雑さがはぶけます。

薬剤師転職サイトの超絶おすすめサイト

薬剤師の転職サイトは乱立しています。
求職者からすれば、多すぎてわけがわから複数に登録・・となってませんか?

薬剤師転職サイトでを選ぶポイントはたった一つです。

「最大手」を選ぶこと。
求人数が少ないところに登録しても非効率的。
圧倒的な損をしてしまいます。




薬剤師求人サイトで迷う時間を作るのであれば、
自分の職務経歴書を作る時間を設けたり、
将来のために何か書籍で勉強したほうがよくありませんか?

損はしないこと。転職で損はしたくありませんよね?
薬剤師の求人が一番多く、業界が大きな薬剤師転職サイトを選ぶことが肝心。

薬剤師転職求人サイトは、エムスリーを選ぶことで一択です。
・業界最大手
・登録薬局の圧倒
・会社規模

どれを取っても薬剤師転職サイトとしては圧倒しています。
登録も簡単。薬剤師の登録は、簡単で無料。
登録だけは簡易的ですぐ終わりますので気軽に登録しましょう!

薬剤師登録数No1!エムスリーキャリア>>詳細をみてみる

薬剤師職務経歴書の秘訣

職務経歴書完全版
これだけ違う職務経歴書。転職先が決まる薬剤師と決まらない薬剤師

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

続きを見る

コラム・・・

贈答やプレゼントで超絶迷うんですが昨今のインフラの圧倒でアマゾン一強ですよね。
ギフト券をプレゼント、お返しもギフト券など、多彩になってきました。
最初は抵抗があったけどプレゼントは相手が自分が好きなものを買うのが幸福度が高まります。
ぜひギフト券でプレゼントしてみてください。
アマゾンが最強になるか。。

Amazonギフト券 チャージタイプ>>詳細を見る

 

くじらブログの人気記事

薬剤師検査値処方箋トレーニング 1

ここ数年、検査値の処方箋の流れがきていますよね。 また日経Diでも記載されていましたが、以下のシーンが多くなってきています。 薬剤師業務で最近増加してきたこと ・医師から在宅等で処方内容を相談される ...

2

2021年現在で最高の保冷剤を今日は紹介。 季節がらアウトドア、ピクニック、キャンプと保冷剤が大活躍の季節。 保冷剤、スーパーやケーキ屋さんでもらう格安の保冷剤を使っていませんか? 格安の保冷剤は保冷 ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師業界情報, 薬剤師転職について
-,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と薬剤師転職 , 2022 All Rights Reserved.