薬剤師業界情報(薬歴最新情報も)

富士フィルムファーマの会社解散について

富士フィルムファーマの2019年3月末での会社解散の内容は薬剤師業界では
そこまで激震ではないかもしれませんが
業界的には驚愕の出来事でした。

富士フィルムファーマ製品の製造販売承認の承継・販売移管について

(1)ジェネリック医薬品について
2018年10月から2019年3月までの間に、
東邦ホールディングスグループの医薬品製造販売事業会社である
共創未来ファーマに製造販売承認の承継あるいは販売移管を順次行う。

⑵グルコバイ®錠、グルコバイ®OD錠、シプロキサン®注、アベロックス®錠については、2018年9月30日をもって当社は販売を終了し、2018年10月1日よりバイエル薬品が販売を行う。

ということで流通に関しては問題ないでしょう。

2016年には、インスリングラルギンFFPの発表もあり、
会社のクリーンなイメージもあって勢いよく出ていましたが
ジェネリック会社の台頭と薬価、薬価改訂における採算が難しかったのでしょう。
約140人いたMRも会社都合で退職を余儀なくされ、
ただでさえ厳しい中途のMR業界ではかなり逼迫した問題になりました。

ジェネリックは、実際は販売委託、や製造が、他者のOEMのような
製剤もあります。

また、社会的責任で、採算が取りにくいが
生産を続けている製剤もあります。(ファモチジンなど)

今後もジェネリック業界は統合とメーカー変更、
販売移管が進むでしょう。

このようなジェネリック会社がこんなに多岐に
渡っているのは主要先進国で日本だけ、と言われています。

困った問題ですね。

 

 

 

 

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

中小規模の薬局の経営層、若手中間層と話していて、皆さん同一のご意見内容があります。 それは、「地域連携薬局を目指していたが難しくなってきた」 切実な悩みでしたが、同じように思っている薬局は多いのではな ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師業界情報(薬歴最新情報も)

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.