薬剤師業界情報

薬局整理の丸秘ワザ(紙類)

管理薬剤師が持つべき能力の一つに、情報の取捨選択がある。現在の薬局現場での情報の取得は多種多様になっている。
情報が毎日のようにMS,ホームページ、SNS、メーカー、MRから
毎日のように書籍、メールで届く。そのような中、自店の薬局の薬剤師のデスクを見て欲しい。
山積みになっている薬局が7割程度。個人薬局や本部運営が現場巡回していない薬局では9割の薬局の薬剤師デスクが乱雑だ、といわれている。(大手の場合薬局の整理整頓が見られている場合が多い)
管理薬剤師として、最新の情報が常々更新される中、いつか見るから・・
の書籍の山積みは、もうその考え方を改めたほうがいい。

半年見なかったら、ほぼ見ないと思ってまちがいない。

 

ご自身の薬局はどうだろうか?

古い情報誌も破棄して欲しい。いつか見なおすべき情報、は別でファイリング、またはPDFなどにしてデータ共有フォルダに入れこんでみて欲しい。5年前のDIなどが置いてあった薬局には驚愕した。だいたいそのような薬局は、だいたいが休憩室も乱雑、薬局内もあまり整理整頓されていない。また、シュレッダーすべき書類も乱雑に置かれ、日々の業務もあまり丁寧でない結果を招いている。また、忙しいから・・・と魔法の言葉、【忙しいから】を多様する管理薬剤師の店舗はほぼ乱雑で整理れていない薬局に該当する。

日々の業務の中に整理整頓が入っているのは他の技術専門職では旧来の事由であり、中途半端に、いわゆる【先生職】と言われる医療職であった為(しかしきちんとプロ、を貫いていた薬剤師も多いが)、そのあたりは注視されていなかったのが現実である。

本部運営薬剤師、管理薬剤師は本年の自店の運営店舗の目標を整理整頓、不必要な書類の破棄、にしてみてほしい。 本部、または経営者が驚くほどの、管理薬剤師や勤務薬剤師からの抵抗に合うだろう。 抵抗に合うもの概ね、現場薬剤師または管理薬剤師、本社などのコミニュケーション不足なのでそこは、一辺倒に現場を叱るのではなく今まで面談等をしていなかった経営中枢も大いに反省すべきなのは念頭におきたい。

一気に整理しろ、とトップダウンするのは薬剤師業界ではNG。論理的に。どの月は、どの場所を、どのように整理するのか(要写真)明確にし、定期的にチェックして欲しい。
もちろん、整理向上した店舗は何かしらの評価が必要になる。 このような内容は2016年にすべき内容ではないが、これが現実なのも、把握されたい。

[amazonjs asin="4498079205" locale="JP" title="薬剤師のための医学論文活用ガイド〜エビデンスを探して読んで行動するために必要なこと〜"]

くじらブログの人気記事

薬剤師検査値処方箋トレーニング 1

ここ数年、検査値の処方箋の流れがきていますよね。 また日経Diでも記載されていましたが、以下のシーンが多くなってきています。 薬剤師業務で最近増加してきたこと ・医師から在宅等で処方内容を相談される ...

2

2021年現在で最高の保冷剤を今日は紹介。 季節がらアウトドア、ピクニック、キャンプと保冷剤が大活躍の季節。 保冷剤、スーパーやケーキ屋さんでもらう格安の保冷剤を使っていませんか? 格安の保冷剤は保冷 ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師業界情報
-, , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と薬剤師転職 , 2021 All Rights Reserved.