薬剤師業界情報 薬剤師転職について

40代薬剤師の転職対策と薬局業界の激変内容。秘訣を公開。

40代薬剤師転職対策

40代は薬剤師転職事情は、慎重に行わないと危険です。
40代前半と、40代半ばから後半にかけての薬剤師転職事情も変化してきています。
全く対策せずに、簡単な職務経歴書だけで、面談を受けても書類選考だけで落ちてしまうかもしれません。

40代薬剤師の転職を成功させるための秘訣、コツを今日はまとめてみました。

分からない人
薬剤師転職サイトに登録してみたけど、なかなか自分の希望通りの条件、年収や働き方で採用先が見つからない・・。どうやれば薬剤師の転職は成功するんだろう

薬剤師の転職で40代からは、かなり厳しめの選考が昨今は行われています。
過去のように履歴書、職務経歴、簡単な自己紹介ではまず採用されません。
悲惨な薬剤師の転職人生にしたくありませんよね?
今日は、しっかり薬剤師転職対策と、
転職においてすべき作業をまとめていますので
チェックしてくださいね。

まだ40代じゃない方も知識の片隅にいれるために読んでおきましょう!




 今回のくじら薬剤師ブログ

  •  薬剤師の転職で、知らなかったら損する内容を記載
  •  職務経歴は、具体的な実数を記載しよう
  •  転職後、薬局がどうなりそうか予想させる、その対策秘話を公開

くじら薬剤師?

薬剤師の面接と問題解決が日常業務。
大きく変化する時代に合わせた薬剤師採用をコンセプトに企業サポート。
豊富な面接経験で、薬剤師の転職相談に力になれます。

薬剤師の転職相談

薬剤師転職相談

また、人的薬局マネージングの分野で中小薬局を協力サポート。
人的問題、薬剤師採用で困っている、
薬局運営でどうしていいか分からない不安。
多様な問題化する薬局運営の相談業務で助けることができます。

薬局運営の問題は多様化

薬局運営の問題は多様化

お問い合わせは下記ボタンからお気軽にされてください!
一緒に頑張りましょう!

お問い合わせはコチラ

では実際に、40代で困っている薬剤師転職問題を考えていきましょう。
薬局の面接で落ちる、書類選考の段階で落とされる、不安が多い方は
ぜひ読み進めていきましょう。

 

40代薬剤師は対策しないと転職はできない。

40代にさしかかってくると、薬剤師転職の難易度は飛躍的に上がります。
10年前に、6年前位くらい、4年前に転職してけど・・そんなことなかったような・・。

そう思ってる薬剤師さんも多いかもしれません。
今の薬局のトレンドは2つ。

・調剤報酬改定での利益構造の変化
・協調、共同的動きや、人間力のある薬剤師採用の増加

上記の2点が、薬局薬剤師の転職条件において数年で大きく変化しました。
ただ、まだ薬剤師転職サイトのエージェントでは経験が浅く、
よく理解してない転職エージェントが多いので自分で転職業界を深く理解していく必要があります。

ポイント

薬局の運営構図、経営方針が激変していることを理解する。

まず1点目。
調剤報酬改定で、薬局薬剤師がすべき作業内容の分化で薬局の構造が変化しました。
地域支援体制加算、後発品体制加算、かかりつけ薬剤師、地域連携薬局、専門機関連携薬局。

それぞれには当然、厚生局提出のための施設基準のハードルがあります。

薬局運営の過去は、枚数や開局時間の基準規格のみで薬剤師の作業内容(診療内容)に焦点が上がってませんでした。
現在は全く違います。

薬局によっては「ノルマ制度」が敷かれ勤務しにくい状況になってる薬局も多くあります。
医師へのトレーシングレポート、かかろつけ算定、ヒヤリハット機構への報告数、
勉強会の参加や研修進捗具合、在宅件数と枚数と加算算定のノルマ。

注意

薬局では、トップの経験値不足から指示は「ノルマ体制」になりつつある

数多くのこれらの薬局での加算系のノルマを給与やボーナスに紐付けている風潮があります。
薬局業界が激変しているため、「変化に非常に弱い」と言われている業界ですから
ノルマ制度は、算定数か加算においては強制力があり一定の効果があります。

しかし、薬局運営においてはノルマ制度は一定の規模以下の薬局では
運営面においてはマイナスしかありませんので絶対行ってはダメ。
(一部の大規模薬局では、利益水準、株主等の考慮から必然的にあらゆる加算算定系は
トップスピードであげていく運営力を求められていますので仕方ありません)

くじら薬剤師
今日は割愛するけど、一定の規模以下の薬局でノルマ制度をいきなり組み込んでもなんの意味もありません。まずは半年以上かけて、評価、面談、運営方針の告知などやるべきものはたくさん。ノルマは実行指示として結果も明確ですが運営スタイルとしては長期的にはデメリットになります。

薬局の利益という目線を、経営者から中間管理者、そして現場薬剤師まで広く持つ必要がでています。
医療と利益は倫理相反と長年言われ続けています。
薬剤師も、診療報酬として算定できる項目がでてきたのです。

例えば、服薬情報等提供文章、トレーシングレポート、吸入薬指導加算。
勉強会の参加、後輩の育成OJT、OTCの販売数、推奨販売品目。
さらには、近隣の医療機関関連施設へのDI業務の配布。

昔にくらべて、薬剤師は業務的にかなりの時間が必要な項目がでています。
例えば、薬局のトップから以下を言われたらどうしますか?

偉い人
いつも行く施設へ何でもいいからA4で一枚にまとまる薬関係の瓦版みたいなの作って。看護師や施設スタッフ向けの閲覧できるやつね。だいたい2週間に1回くらい渡しにいきたいんだよね。

どうでしょう?

分からない人
えっ?午前は外来、昼は在宅準備、午後は在宅帰って残務の中「瓦版」っていつ作成するん?それにトレーシングレポートも出すし・・時間ないんやけど・・





正直な意見ですよね。
しかし瓦版などの作成で近隣の施設への配布指示はすでに実際に生じた指示の一つです。
反発される方も多いでしょう。

薬局でおいきてる構造変化を念頭に入れる必要があるのです。
薬局運営を理解するレベルでないと40代での薬剤師転職は難しくなります。

40代転職対策ポイント

・薬局業界でおきている背景、流れを理解する
・医師への報告書、加算系、Di業務の流れも頭にいれておく
・何をすれば薬局運営では大事か理解する
・自分が何ができるか・・とかではなく薬局で求められているものが何かが最重要

薬局業務で求めらる能力のその他では、人的問題を解決する能力が必要です。
実際その内容を求める法人薬局は少数ですが渉外折衝能力がある薬剤師、
内部で人的柔和能力を持つ薬剤師もかなり求めらますが、一定の給与である
あるレベルを超えてからは必須条件。

600万円を超えてくる給与での転職の場合、最低限の能力となります。

分からない人
在宅系は、薬剤師の転職ではどうなんだろう?

メモ

薬局の在宅関連もかなり重要なファクター。
深く理解しているかどうかは日々の業務の嵐の中、難しいですよね。
在宅の令和3年の最新版のQAが出ていますので、
在宅業務を効率的に行う為にぜひチェックしましょう。


薬局の在宅業務での疑問、請求業務の不安も網羅。
かなりわかりやすいので情報はアップデートしましょう!

40代薬剤師転職事情でやりがちな内容。自己分析。それは転職では損します。

くじら薬剤師は、薬剤師の転職の相談を1月に2回程度受けています。
40代の転職希望薬剤師は知識や人間力の深さから、
一定の対策をしてこられる人も多い印象。

自己分析を行い、何ができるのか職務経歴書へ過去の実績含めて
多量に記載してくる方がいます。

しかし、その前に前述で記載した薬剤師転職対策ブログ内容をしっかりみてください。
自己分析する必要はあります。
何ができるのかのアピールも十分に必要です。

ただ、次の法人薬局では、薬剤師として何ができる可能性があり、
将来的にどのような薬局に変化させて収益構造と運営ができるか
想像させるような薬剤師の職務経歴書を記載していく必要があります。

40代薬剤師転職のポイント

・職務経歴書における「何ができるのかの記載」は最低限必要。
・過去の実績でなく、将来どのような薬局になるか、相手の薬局に予想させるような職務経歴と面接対策が必要
・とにかく、採用すれば薬局が変化します!のアピールが最大限のポイントです。

くじら薬剤師
薬剤師の転職対策の職務経歴書や履歴書でよくある間違い知ってる?
新卒ネコ薬剤師
何それ?

40代の薬剤師転職対策でよくある間違いは、
薬局の体験枚数と科目を中心にアピールしてしまうこと。

枚数や科目経験については、ひとつの情報でしかありません。
6年前であれば、枚数や薬局の体験科目だけの情報で採用されてた時代がありました。

今は、たとえ一人で処方箋の枚数が四十枚以上で捌いていたとしても、
プラスの情報には、薬剤師の採用という面にはならない時代になってしまいました。

ただし、自分の職務経歴のみの羅列で
「何を体験し、どのような職務をしてきたか」を一切記載しないのは禁物。
きちんとA薬局での枚数、体験科目、従業員数を記載することはベースです。

薬剤師の職務経歴

勤務してきた薬局で「具体的に」何を頑張っていたか記載する。さらに、結果薬局がどうなっていったかも合わせて記載したい

職務経歴では、具体的な勤務内容を記載しましょう。
具体的な数字、業務内容を記載することが必須。
ただし、かかりつけ*件を維持、など端的に記載しないようにしたいところ。

実数を記載するには、1日の処方箋枚数または、月商(わかれば)の金額なども並行して記載していきましょう。
比較対象がないので件数だけではなかなか判断がしずらいところなので忘れないようにしましょうね。

さらに薬剤師の職務経歴で注意したいポイントがあります。
職務経歴では限られた文字数のため詳細に記載するのは避けること。
面談で、つっこまれるような「隙」を記載することが大事。

どうしても自分を売り込みたい理由から、
薬剤師の職務経歴書は盛り盛りで記載してしまう傾向にあります。
職務経歴は、面談に進めれるかの大事なポイントですが、
業界的にある程度のレベルや件数の把握は面談先も承知なので
あまりに盛り込みすぎないようにしましょう。





くじら薬剤師
薬局での面談で、「職務経歴書の、2019年に在籍されていた・・**の件なんですけど、

と突っ込まれたときに、スムーズに受け答えできるような導線をひくこと。

この「導線を引く」動き、いわゆるトラッピングがかなりのポイント。

くじら薬剤師
面談先からの冒頭での質問の多くは、注意を引いている内容。冒頭の質問の受け答えははっきり言って、めちゃくちゃ重要です。

自分から、質問させるような導線を引くのが大切。
例えば、以下の薬剤師の職務経歴書の場合はどうでしょうか。

2018年5月〜2021年9月
A薬局 B店 (内科(*クリニック)、耳鼻科(C医院))
1日120枚 薬剤師*名 事務*名 在宅 週*件
業務内容
薬局の簡易DI業務、薬歴監査チェック、地域情報推進業務
業務手順書の作成
算定関連:かかりつけ件数*件・・・・以下略

この記載の場合、必ず面談先から興味アテンションからの質問がくることは間違いないでしょう。
薬局の法人が、「薬歴で困ってる」、「施設等への情報提供を困っている」等の付加価値型の薬局の場合、
採用にかなり近づくこと間違いないです。

くじら薬剤師
薬局から地域への薬事や薬情報の情報提供(A4一枚程度)や薬事関連も今は、中小規模の薬局は困ってるよね。
くじら薬剤師
特殊な付加価値型の薬剤師は、ある一定の規模の薬局ではかなり求められています。

件数関連で面接で自己アピールできない場合は、「二番手でどのような薬局運営を支えたか詳細に記載」

件数などではアピールできない場合も多くありますが薬局の実務は実際は
管理薬剤師だけじゃなく、二番手が優秀説という業界セオリーがあります。

何かの件数で自分をアピールできない場合

職務経歴書で実数がアピールできない場合は、
自分の過去の職務で「どんな役割をして、どのような薬局になったか」記載する

前述の型は特殊でしたよね。
なかなか薬事業務、業務手順や情報提供が得意分野の薬剤師は少ないでしょう。
もちろんこの範囲は、Drへの情報提供や、吸入薬指導加算など違う方面に舵を切っても良いんです。

しかし、なかなかそういった特殊な分野での職務経歴書へ記載内容がない科目、分野等であれば
具体的な業務内容を記載して、どのように薬局が変化したか簡易的に記載方法でいくことが大切。

40代の薬剤師で経験不足・・採用に関しては正直難しいのが最近の流れ。
枚数がたとえ一人で四十枚以上内科でさばける能力があったとしても、
近隣医院への情報提供能力や勉強会への参加割合が低い等、
40代なりの付加価値のある薬剤師能力を求めれるため、
枚数や科目だけの経験の羅列ではよほどの人口過疎地域でない限り、採用は遠のきます。

もちろん、人事をしていた経験、在宅での内容の詳細の記載やアピールも効果絶大。
なにが自分ができて、どのように転職先の薬局が変化していきそうか模索しましょう。

薬局のニーズは何か聞いていない薬剤師が圧倒的に多い

転職面談前にエージェントに、以下の内容をしっかりヒアリングしておきましょう。
事前にニーズヒアリングをしている薬剤師はほとんどいません、

・どのような人材が不足しているか
・なぜ採用をはじめたのか

詳しく聞くことも薬局のニーズの把握することで面接対策になります。

ランチにカレーが食べたいのに、ピザの話をされてもぐっときませんよね。
ニーズの把握は、面談でも商売でも基本すぎる内容。

まとめ

  •  職務経歴書は、実数や具体的な内容を記載する
  •  薬局が求めるニーズは何か考える
  •  面談では相手が食いついてくるようなポイントの罠をしかける
  •  アピールポイントが少ない場合は、どのような下支えしたのか「詳細」に書く

40代の薬剤師転職は、「何が薬局業務で作業が付随してでき、どのような能力があって、薬局をどのように舵をきれるか」が重要視されています。
転職先が求められているもの、ニーズをチェックすることも忘れないように。
健康サポート薬局での募集なのに、健康サポート薬剤師の資格を所持してない、
在宅特化型の薬局なのに在宅関連の研修不参加などニーズのミスマッチを生じないようにしていですね。




最後に。転職サイトは1つに絞りたい。

薬剤師転職サイトの超絶おすすめサイト

薬剤師の転職サイトは乱立しています。
求職者からすれば、多すぎてわけがわから複数に登録・・となってませんか?

薬剤師転職サイトでを選ぶポイントはたった一つです。

「最大手」を選ぶこと。
求人数が少ないところに登録しても非効率的。
圧倒的な損をしてしまいます。

薬剤師求人サイトで迷う時間を作るのであれば、
自分の職務経歴書を作る時間を設けたり、
将来のために何か書籍で勉強したほうがよくありませんか?

損はしないこと。転職で損はしたくありませんよね?
薬剤師の求人が一番多く、業界が大きな薬剤師転職サイトを選ぶことが肝心。

薬剤師転職求人サイトは、エムスリーを選ぶことで一択です。
・業界最大手
・登録薬局の圧倒
・会社規模

どれを取っても薬剤師転職サイトとしては圧倒しています。
登録も簡単。すぐ終わりますので気軽に登録しましょう!

薬剤師登録数No1!エムスリーキャリア>>詳細をみてみる

コラム・・

ギフトの季節になりましたね。

贈り物いは正直、自分の欲しいもの、それが一番という研究論文がでています笑
正直自分が欲しいものを選べれるのが一番幸せです。
アマゾンのギフト券であれば全部1発解決なのでおすすめです!

 

 

薬剤師転職参考記事特選

有料記事級
これだけ違う職務経歴書。転職先が決まる薬剤師と決まらない薬剤師

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

続きを見る

薬剤師業界情報
薬剤師転職は厳しいのか?その解決策とニーズを満たす薬剤師転職サイトを一つ紹介。

薬局薬剤師の転職は厳しいのか。 非常にこの問いが多く、薬局薬剤師の転職に悩まれる方が多く出てきています。 薬局薬剤師の転職は厳しいのでしょうか。 過去と同じような転職活動していては、かなり渋い転職活動 ...

続きを見る

薬剤師は勉強しないと将来損します

反響12件!
【将来のために】知らないと将来働けない?薬剤師おすすめの本厳選2021年6月版(売れてる本編)

さあ今日は、買ってよかった・薬剤師人気研修本。 研修やおすすめの本で迷えば「薬剤師ジャンルで売れている本」を選択することがポイント。 今日はそんな「薬剤師ジャンルで売れている本・最新版」を紹介。 今回 ...

続きを見る

くじらブログの人気記事

薬剤師検査値処方箋トレーニング 1

ここ数年、検査値の処方箋の流れがきていますよね。 また日経Diでも記載されていましたが、以下のシーンが多くなってきています。 薬剤師業務で最近増加してきたこと ・医師から在宅等で処方内容を相談される ...

2

2021年現在で最高の保冷剤を今日は紹介。 季節がらアウトドア、ピクニック、キャンプと保冷剤が大活躍の季節。 保冷剤、スーパーやケーキ屋さんでもらう格安の保冷剤を使っていませんか? 格安の保冷剤は保冷 ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師業界情報, 薬剤師転職について
-

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と薬剤師転職 , 2021 All Rights Reserved.