2018年 調剤報酬改訂

健康サポ薬局のQAが出ました

未曾有の時代にある薬局薬剤師。
混沌を極めるかかりつけ制度と24時間対応。

病院が空いてないのに薬局に対応させる。
対応させたはいいもの、薬剤師には裁量権が
極めて狭く、夜間休日受付しても疑義照会もできない始末。

患者からはクレーム、医師からは苦笑いと迷惑対応。
そんな薬剤師業界ですが今回のブログでは、
先日の12月25日付けで厚生労働省から発表されました、
健康サポート薬局申請薬局における、
勤務薬剤師のQ&Aがでました。

当初は、健康サポート薬局申請の場合、
開局時間はどの時間においても、健康サポート研修を
受けた薬剤師の在籍を求める、という
何の意味もない申請条件が付加されていました。

各企業において、見切り発車している
健康サポート薬局。
その中、そこに配属されている薬剤師は
その企業の中でも、精鋭、または企業薬剤師レベルが在籍しています。

その企業薬剤師、また精鋭クラスなんて一握りの中、

開局時間全てにおいて、健康サポート薬剤師を在籍させるなんて
無理だろ!まして、健康サポート申請の薬局は、営業時間も長く、
在宅、および夜間対応している薬局もあるのにどうするんだ!!

という声のもの以下のようにQAが発表されています。

【常駐する薬剤師の資質について】
(問3)「研修修了薬剤師が常駐していること」とあるが、
夜間を含め長時間開局している場合であっても常時研修修了薬剤師が
薬局内で勤務していることを求めているのか。

(答) 健康サポート薬局は、健康サポート機能を有する薬局として
地域住民に対応する必要があるため、
開店時間内は常時研修修了薬剤師が薬局内で勤務していること。
ただし、
第3 2(7)の開店時間の考え方を踏まえると、地域住民
のニーズに応えるために夜間を含め長時間開局している薬局については、
開店時間を通して研修修了薬剤師を確保することが困難な状況も想定さ
れることから、研修修了薬剤師が確保できるまでの間に限り、
以下の対応をとる場合には、
研修修了薬剤師が、開店時間のうちの
一定時間(平日の営業日は午前8時から午後7時までの時間帯で
連続した8時間、かつ、土曜日又は日曜日のいずれかの曜日に4時間)
当該薬局内で勤務していることで差し支えない。
そのような場合であっても、かかりつけ機能にかかる基本的業務を
実施できる体制であることは言うまでもない。

① 研修修了薬剤師の確保が困難な時間帯は、地域住民からの相談等
に対応できるように研修修了薬剤師と速やかに連絡を取れる体制
等を構築すること。
② 研修修了薬剤師が薬局内に勤務している時間帯について、薬局の
利用者にわかるように、当該薬局内外の見やすい場所に掲示するこ
と。
③ 当該薬局の薬剤師に就業経験等に応じて健康サポートに係る研
修を受講させるなど、健康サポート機能を有する薬局としての地域
住民への対応及び開店時間中の研修修了薬剤師の確保に努めること

つまり、

[chat face="man3.png" name="" align="left" style="type1"]今のとこは、基本的な営業時間内に常駐していれば、申請OKよ、ただし木曜でも水曜でも1日常駐ね。[/chat]

ということなので、各中小規模の薬局においては
この健康サポート薬局に対する動きに苦慮されるのではないでしょうか。

基準薬局からの更に踏み込んだ内容。

また、その健康サポート研修が非常に大変。(8時間程度の研修+Eラーニング)。
費用もどうするのか、(もちろん会社負担にするべきですが。)

[chat face="man5.png" name="" align="left" style="type1"]また、かかりつけ制度のように、健康サポート研修を受けた薬剤師の勤務時間を薬局待合に掲示しなければいけません。[/chat]

[chat face="man5.png" name="" align="left" style="type1"]そして、会社主導の健康サポート研修制度について明記、また周知徹底しなかればいけません。ホームページへの告知記入、また薬袋や薬情または手帳へのコメントも合わせて行いましょう。[/chat]

[chat face="man4.png" name="" align="left" style="type1"]健康サポート研修ってすぐ取れるん?じゃろ?余裕じゃ。[/chat]

[chat face="woman2.png" name="" align="right" style="type1"]すぐには取れないわよ。座学研修は日程が決まってるの。受けよう!と思っても、日程が合わない可能性もあるし、そもそもその日程が少ないわよ。あとEラーニングがかなり大変。認定薬剤師のように、簡単なテストでもないのよ[/chat]

[chat face="man4.png" name="" align="left" style="type1"]ぐぬぬ・・[/chat]

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

中小規模の薬局の経営層、若手中間層と話していて、皆さん同一のご意見内容があります。 それは、「地域連携薬局を目指していたが難しくなってきた」 切実な悩みでしたが、同じように思っている薬局は多いのではな ...

3

薬局薬剤師で求めらる能力とは何でしょうか。 がーん薬局薬剤師は、昨今は情報量が多くて、プラスαで何か学んで行かないといけない内容があるんじゃないかにゃ 薬局薬剤師で必要な能力、知識。薬局企業側と、 現 ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-2018年, 調剤報酬改訂
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.