薬情報(腎機能関連も)

できる薬剤師おすすめ書籍2選

昨今の薬剤師業界は混沌としていますが
今日のブログの話題では、そんな混沌とした
薬剤師、その中でも

できる薬剤師が読んでいるオススメ書籍、
勉強ツール 2選を選びたい。

その1 : 腎機能別薬剤投与量
[amazonjs asin="484074856X" locale="JP" title="腎機能別薬剤投与量 POCKET BOOK"]

昨今の、検査値が不随した薬剤師の調剤業務に必須の書籍。
各薬局に1冊は必ず必要かと思われます。
1500以上の薬剤の腎機能別投与推奨量が書かれています。
ポイントとしては、CCr5ML/min 刻みでの一覧表もあり、すばやく
在宅および検査値処方箋に対応した疑義照会が可能になります。
また、検査値からの推移だけでなく、
その薬剤は本当に減量が必要かも判別できます。
薬剤師業務として必須の書籍が 腎機能別投与量です。
おすすめ★★★★★です。

 

その2

[amazonjs asin="4758109397" locale="JP" title="薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100"]

薬局ですぐに役立つ薬の比較は2017年、分野別で
ベストセラーとなっている薬剤師、新人薬剤師、また
リターンやまま薬剤師へのオススメ書籍No1です。
なんだか分からないけどたぶん違うであろう薬品の解説や比較も満載。
メインテートと、アーチストの違い?
ラシックスとフルイトランに違いはあるのか?
クレストールとメバロチン?違うの?
ワーファリンとバイアスピリンの使い分けって。。
まさかエフィエントとプラビックスは違うのか。。
ロキソニン、セレコックス、ボルタレン説明できるのか。。違い。。
などなど、 なんとなくだけど、うまく説明できない!

そんなかゆいところに手が届く、薬剤師おすすめの本です。

徳に腎機能は、ポケットに入りますし
どの企業に行っても、もたれている可能性のある
書籍ですよ。

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

中小規模の薬局の経営層、若手中間層と話していて、皆さん同一のご意見内容があります。 それは、「地域連携薬局を目指していたが難しくなってきた」 切実な悩みでしたが、同じように思っている薬局は多いのではな ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬情報(腎機能関連も)
-, , , , , , , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.