薬情報(腎機能関連も)

PPIが話題?

薬歴への質問が多いのでこちらの人気記事も参考にされてください

薬歴を記入する時間がない方へ。これをすれば100%の秘訣。

 

昨今の情報サイト等でPPIについて話題ですね。
今日は閑話としてPPIの流れ等を考察してみたいかと思います。

薬剤師として勤務する場合、PPIが減薬または減量、
変薬できる可能性があると思われた勤務薬剤師、在宅薬剤師は多いはず。

PPIについて以前、PPIとCKDについて腎臓学会で注意喚起されたのは
記憶に新しい内容。

ポイント

・慢性腎臓病(CKD)とPPIの関連性を示唆する観察研究も散発的に報告されている。
・特に2017年に入ってメタ解析によりPPIとCKDとの有意な相関が示された。
・PPI治療のベネフィットがCKD発症のリスクを上回る際に処方すべきと記された
・PPI投与は低マグネシウム血症の有意なリスク因子となっている
・ただし海外のデータの為遺伝子等が異なる日本人にそのまま当てはめるかは言及次第。

よく遭遇するのは高齢者におけるH2RAの使用かつ、
年齢体重換算のクレアチニンクリアランスを検査値から計算し、
eGFRも考慮してその患者の腎機能の目安を計算。

よく薬剤師勤務で計算する腎機能サイトはここ。

数年前はファモチジン20mg等の使用で腎機能確認により
減量や変薬が現場で行なわれていたのは記憶に新しい。
CF ガスターD20mgの添付文章を見てみましょう。

腎機能低下患者への投与法
ファモチジンは主として腎臓から未変化体で排泄される。腎機能低下患者にファモチジンを投与すると、腎機能の低下とともに血中未変化体濃度が上昇し、尿中排泄が減少するので、次のような投与法を目安とする。

もう既出で、新卒薬剤師向けの情報になって恐縮ですが、
CCrについてはある程度の年齢を重ねて、肥満OR体重が逸脱して基本平均体重から
離れていない場合は よく60未満なのを見かけます。
そのため、CCrとeGFRの計算結果により腎機能低下と判断して、DRに疑義する場面
(あくまで状況と場合があり、CCrだけでの提案は危険ですが・・)
がありました。(減量等)

PPIの場合は腎臓に不可というより今回の話は、急性間質性腎炎になりうる
因子のひとつでもあり、漠然と使うべきではない、とう内容になります。

ちなみにPPIの使用量は世界2位が日本だそうです。
びっくりじゃないでしょうか?

PPIで過去よく新卒薬剤師研修で勉強会で言われていますのが
遺伝子多形。日本人はよく変化がでていますので従来のPPIであまり効かないと
思っても、他のPPIに変更することで、効く場合があります。

遺伝子影響を受けやすい2製剤
ランソプラゾール、オメプラゾール

影響を受けにくい2製剤(これに変更して効く場合がある)
ラベプラゾール / エソメプラゾール

そのため、在宅等で
ランソプラゾール、オメプラゾール の製剤で効きが怪しいと判断した場合、
上記のラベプラゾール / エソメプラゾール に変更打診する場合が私はあります。

また、在宅では困難ですが、用法タイミングを多少変更することも大事な場合があります。PPIは、血中濃度が90-120分程度で上昇する為、食後すぐ服用する場合では
血中濃度でそこまで効いていないのでは?と思う場面が過去にあります。

そのため、Drと相談の上、患者にはPPIで食前に服用を願う場合が過去の
薬剤師人生で思い出される内容です。

[chat face="man4.png" name="" align="left" style="type1"]PPIはだいたい、朝食後とかじゃないの??1日1回投与だったら![/chat]

ある例の添付文章を見てみましょう。

逆流性食道炎<治療>
逆流性食道炎の治療においては、通常、成人にはラベプラゾールナトリウムとして1回10mgを1日1回経口投与するが、病状により1回20mgを1日1回経口投与することができる。なお、通常、8週間までの投与とする。また、プロトンポンプインヒビターによる治療で効果不十分な場合、1回10mg又は1回20mgを1日2回、さらに8週間経口投与することができる。ただし、1回20mg1日2回投与は重度の粘膜傷害を有する場合に限る。<維持療法>
再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、通常、成人にはラベプラゾールナトリウムとして1回10mgを1日1回経口投与する。また、プロトンポンプインヒビターによる治療で効果不十分な逆流性食道炎の維持療法においては、1回10mgを1日2回経口投与することができる。

1日1回であれば食後でなくとも構わないのでしょう。
分1の用法では、おおむね食後と記入して(さらに朝の場合)いる傾向にありますが
食前の用法記入を、ある地域でみたこともあります(分1)。

またPPIで効果不十分の場合に(GERDにおいて)
漢方やモサプリドを漠然と継続している医院もみたことがあります。
ガイドラインをチェックしてみます。

Cのラインにいますのでモサプリドの漠然の投与は旧来の返戻対象になりますので
注意しないといけませんね。

薬剤師として薬局へ転職したい、したいが方法がわからない、自己アピールがわからない、給与交渉を任せたい、このエリアで、ワークライフを守って就職してみたい、

そのような相談も受け付けています。気軽に、問い合わせ欄からお問い合わせされてください。区間で1−2名内のみの受付なのでルーズには対応致しません。

また、薬局企業を立て直したい、従業員教育について目をむけたい、うまく組織化して、生き残る薬局を目指したい、そんな経営を目指したいが何をすればいいかわからない、そんな相談があれば、気軽に、問い合わせから連絡をされてください、力になります。

また、研修についてプランニングしていきたい、ぜひ一緒に考えましょう。

 

薬剤師の98%が知らない薬局運営術

薬剤師ブログ著者

 

 

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

服薬期間中のフォローアップが2020年の9月から施行。薬局薬剤師として、どのようにフォローを行い、それを記録管理していくのでしょうか。服薬期間中のフォローアップは努力義務ではなくて、服薬指導業務の一つ ...

3

薬局薬剤師で求めらる能力とは何でしょうか。 がーん薬局薬剤師は、昨今は情報量が多くて、プラスαで何か学んで行かないといけない内容があるんじゃないかにゃ 薬局薬剤師で必要な能力、知識。薬局企業側と、 現 ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

薬剤師としてこれからはどのように生きて行けばいいんでしょうか。とても不安を感じられる方が多い印象です。皆さんも将来に不安には何度か思った事があるはず。新卒から入社、派遣薬剤、パート薬剤師だとしても将来 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬情報(腎機能関連も)
-,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.