薬情報(腎機能関連も)

この時期でSGLT2阻害薬が7種もあるって。

現在SGLT2は現時点で7製剤も出ている、
7製剤??と管理薬剤師は思うかもしれないがこのブログを見たのがいい機会なので
ぜひSGLT2について全ての成分を空中で何個薬品名が浮かぶか行ってみて欲しい。

浮かびました?

そうですね、

フォシーガ 、スーグラ、ルセフィ、アプルウェイ、カナグル、そしてジャディアンスですね。
ジャディアンスはなかなか、まだまだこの時点では普及はしてないかもしれません。
使い分けは腎機能について、併用、吸収動態など是非しらべてみてください。

今回SGLT2阻害薬の

recommendationについての話題。

旧来の、ケトアシドーシスの注意、 下痢や水分の注意喚起はき旧来ですが
年齢が75歳以上の慎重投与、サルコペニアに関して65歳からというところがポイントだろう。

また、SU剤とSGLT2阻害薬との併用の場合はDPP4阻害薬に追随する形で
SU剤の減量は要検討になっている

グリクラジド40mg/DAY, グリベンクラミド1.25mg/DAY、 グリメピリド2mg/DAY に減量考慮とのことである
また、本末転倒だったがSGLT2阻害薬投与初期にこの夏からの時期によく生じるのだが
口渇に伴った水分摂取時に清涼飲料水を服用OKと投薬していた薬剤師がおり、これはケトアシを起こしやすくなる事、再度留意すべき内容だ。つまり脱水を起こしやすいので、薬剤師としては、予後のリスク、いわゆる水分貯留不足による脱水起因の脳梗塞に多いに注意し投薬時にしっかり水分摂取は、合併症予防で説明すべき内容も忘れないように。

またシックデイやたび重なる気分不良時にもSGLT2阻害薬は思い切って中止し、すぐ受診することも念頭におかなければいけない。

今日は閑話で終わらせよう。

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

服薬期間中のフォローアップが2020年の9月から施行。薬局薬剤師として、どのようにフォローを行い、それを記録管理していくのでしょうか。服薬期間中のフォローアップは努力義務ではなくて、服薬指導業務の一つ ...

3

薬局薬剤師で求めらる能力とは何でしょうか。 がーん薬局薬剤師は、昨今は情報量が多くて、プラスαで何か学んで行かないといけない内容があるんじゃないかにゃ 薬局薬剤師で必要な能力、知識。薬局企業側と、 現 ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

薬剤師としてこれからはどのように生きて行けばいいんでしょうか。とても不安を感じられる方が多い印象です。皆さんも将来に不安には何度か思った事があるはず。新卒から入社、派遣薬剤、パート薬剤師だとしても将来 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬情報(腎機能関連も)
-, , , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.