薬剤師業界情報 薬剤師転職について

薬剤師転職サイトを選ばない・使わないデメリットを紹介

薬剤師転職サイトおすすめ

薬剤師の転職での流れは薬剤師転職サイトへの登録が一番多い初動ですよね。
薬剤師転職サイトの登録でにおいて、多様な不安がSNSに流れています。

薬剤師転職の不安

がーん
薬剤師転職サイトはめっちゃサイト数がある。。エムスリー(薬キャリ)、マイナビなど多数あるけど・・登録しない方がメリットあるのじゃないのかなぁ。自分で薬剤師の転職先を探したりした方が良くない?すごい不安です。

・薬剤師転職サイトに登録して、本当にいい薬局を紹介してくれるのだろうか・・。
・正直、いい薬局を紹介してくれないのでは・・
・離職が多い薬局ばかり紹介してくるのでは・・
・自分の希望の求人の薬局を見つけてくれない。

薬剤師の転職では不安が多いですよね。人間関係を中心に、実際はサービス対人業務という
ホテル業界並みのストレスと言われています。
薬剤師転職は人生の一大決定。
慎重に薬剤師転職サイトを選ばないと、失敗してしまいます。
今回のくじら薬剤師ブログでは、薬剤師転職サイトを使わないデメリットを記載しましょう。

 

薬剤師転職サイトを使わないデメリット。絶大です。

まずは、薬剤師転職サイトを使わないデメリットを結論から記載していきます。





薬剤師転職サイトを使わないデメリット結論

  • 薬局における雇用条件の詳細が把握できない
  • 一番気になる「給与・休み・昇給・条件面」の打診が非常にしにくい
  • 言いにくい内容は絶対に言えない・聞けない
  • 薬剤師に困っている中小規模の薬局が把握できない

では、薬剤師転職サイトを使わないデメリットを解説していきます。

薬局における雇用条件の詳細が知りたいなら、薬剤師転職サイトへ登録するべき

薬局薬剤師として、もし自分が転職するなら頭に何が思い浮かびますか?
数々の薬剤師転職者の面談をした くじら薬剤師としての体験談ですが
圧倒的に「条件面・勤務場所」における内容はまだまだダントツ。

薬局薬剤師で転職する時に、自分が一番に気になること・重要視することを
忘れないようにしましょう

・給与の詳細
・昇給はあるの?ないの?
・昇給はあったとしても、実際いくらの昇給?毎月昇給はあるの?
・休みって本当にある?今のメンバーの休みの体制は?
・ボーナス面における支給額の決定は?優劣ある?その査定方法は?

当然だと思うのですが、仕事をする上で一番大事なのが給与条件と休みです。
休み。これは絶対に外せません。

一昔前は給与面のみ先行していた時代があり、
休みが少なくても、給与高ければ頑張って働ける時代ではなくなっています。
理由としては以下となります。

薬剤師転職「ここに注意」

・半ドンである勤務のみの場合で永遠と過ごせない
・半ドンとは名ばかりの残業傾向の増加
・午後休がある店舗では、午後休時間で在宅や他業務が増えてきている
・給与割高、には必ず理由がある
・地域支援体制加算、健康サポート薬局などで薬局開局時間は右肩上がり

数年前までは、木曜午後(または水曜午後)、土曜午後休みの薬局が多かったですが
昨今の薬局の調剤報酬改定における内容の変化により
なかなか綺麗に午後休みでは帰宅できない傾向になっています。





地域支援体制加算の算定要件に 「当該保険薬局の開局時間は、平日は1日8時間以上、土曜日又は日曜日のいずれかの曜日には一定時間以上開局し、かつ、週45時間以上の開局が必要。

くじら薬剤師
よくある間違いなんだけど、地域支援体制加算を算定している薬局は、お盆休みは認められないから注意してね。

お盆休みは国民の休日該当範囲ではないので、
地域支援体制加算の算定薬局でお盆を休みにする判断はしないようにしましょう。

中堅薬剤師
昔は半ドン半ドンって言ってたけど最近は全然聞かないかもしれないわ。土曜の17時まで私の薬局は開いてるし、木曜は在宅が多いし、かなり自由な時間は減っているかもしれない。

薬剤師の休みに関してはかなり厳しくなってきてるのがわかってきました。
ある程度の薬局の売り上げがあり、4人以上の薬局勤務薬剤師がいればそこまで
激務なシフト体制にはなりませんが、人数が少ない薬局への勤務にはかなり慎重になる必要があります。

分からない人
地方の薬局に過去一度派遣されたことがあるけど、休みもない状況の中、処方箋枚数も多くかなり大変だったな。。あれは常勤のサラリー薬剤師では保たない印象が強かった。

休みの体制、年間の休み体制、月あたりの平均休暇取得数などは深く聞く必要があるでしょう。
しかしこのあたりをズカズカと面談で聞けるのは難しくないでしょうか?

薬剤師の休暇取得に関する情報を聞けたとしても、薬剤師採用側としての印象で
「この求職者は休みばかり聞いてくるな・・」
という印象を与えないようにヒアリングする必要があります。

個人単独で「薬剤師の休み」に関して突っ込んだ質問ができないのであれば
キッパリと転職サイトの担当薬剤師転職エージェントに任せるのが一番な理由。

薬剤師転職時に聞く?聞かない?「昇給条件と昇給内容」

薬剤師転職において全くといって放置されていたジャンルがあります。
といっても中小規模の薬局のみですが。

小さい規模の薬局の放置ジャンルとしては「法務法令系」と「雇用条件面」です。
どの業界でも法令系、雇用条件に関しては法人のトップが勤務薬剤師の場合は
兼務の場合の多忙さと、その内容の勉強については専門分野である薬剤師薬学的内容があるため、
仕方ないという状況です。

また、トップ自身が昭和の魂で「自分は黙って休みなく頑張った」意気込みがある
薬局には尚更、給与と休みに関してはかなりセンスティブなイメージがあります。

しかし大きく薬剤師の時代が変わった今、面談での薬剤師の給与面の交渉における
流れを把握しておく必要があるでしょう。

薬剤師転職時における自身の一番に大切にしていることは何でしょうか?

文句なしに「給与面」であることは9割の人が思っているはず。
そのあたりを絶対にルーズにしてはいけません。

給与額面は、雇用条件で契約して入社したけど、実際の詳細まで話してない薬剤師が
かなり多い状況なのは実際の大きな問題になっています。

分からない人
給与の額面は雇用条件で受け取ったけど、実際の残業時間は有耶無耶だし、昇給は皆無。どのくらい昇給があるのかわからない。他のメンバーは昇給しているのか不明だし。ボーナス面も不透明。評価もされているのか、されていないのかさっぱりわからないね。

薬剤師の転職におけるほとんどの悩みは、給与、昇給、休みが大きく絡んでいます。
同じ条件にならないように、入社時におけるヒアリングはかなり重要でしょう。

薬剤師の給与条件での注意事項に、「昇給がほとんどない」場合があります。
提示給与が相対的の高額になった場合に無昇給の傾向にあります。
毎年もやもやするのは嫌ではありませんか?
昇給が無昇給であればそのように返答されますし、
返答に戸惑う、濁らすような雰囲気を面談で伝えられるとほとんど
その薬局は昇給については考査がないと思って間違いありません。

また、昇給についてうまく考えられていない場合、
賞与等における給与の向上、及び休暇についても同等にほとんど考えられずに
運営されている傾向にあります。

 

薬剤師転職ポイント

昇給について、しっかりした返答がない場合
ボーナス、休暇についてもあまり考えられていない傾向にあるので注意する





昇給、給与、評価体制については非常にナーバスな問題と感じられやすいんです。
薬剤師の給与額面条件を個人で採用希望求人に、面談時にうまくできる薬剤師は少数派。
うまく薬剤師転職エージェントを使えば、
「中間者からの条件ヒアリングバイアス」がかかり、薬局もうまく答えてきます。

結果、薬剤師転職サイトを利用して
自分の給与条件・休み・昇給についてしっかりとした回答を待ってから
転職すべきな理由。

給与に関しての不満は、薬剤師転職後に後悔した内容の上位にある内容です。

個人で薬局転職先を探せるのか?

次に、転職サイトを利用せずに薬剤師は上手に転職できるか、ついて考えてみましょう。
個人で薬局を探す方法は以下。

・卸のMSさんに転職先をヒアリング
・ハローワーク
・ツイッターを利用した薬剤師転職活動
・自分の転職する県が公表している医療機関の救急ネットでの薬局を検索
・薬局機能情報を閲覧できるサイトから勤務したい地域を検索
・薬剤師紹介サイトから閲覧して、自分で該当薬局へアプローチ

自分自身で総当たりで薬局を探すのはかなり大変です。
まずは、どこにどんな薬局があルのを1から探すことになります。

自分の勤務したい地域を検索。
そして目星をつける。

現在の薬剤師の転職はそこまで甘くないのです。
薬局も経営を意識した運営をしています。
薬局自身の機能情報は何か、そこまで見ていく必要があるんです。

薬剤師転職のポイント

薬局機能情報は、薬局情報が詳細に記載。必ずチェックしよう。

薬局によっては、地域支援体制加算における営業時間の延長での人手不足、
在宅拡充における人手不足、単純な人手不足、など多様な募集内容があります。

このあたりは正直、薬局機能情報を閲覧しながら、
薬剤師転職サイトで募集薬局の掲載を見比べれば想像ができるでしょう。

分からない人
それはやってみることは可能だけど、時間がないよ・・・。1つずつチェックするんだよね。。

しかし、圧倒的な手間、時間が必要になります。
薬剤師転職サイトで注意しないといけないのは、
該当店舗ではすでに充足であっても、まだ掲載を続けてる場合があります。
掲載店舗に興味が出たとして自分でアプローチしても、
該当店舗は実際は人手は充足しており採用はない場合があります。

個人で薬局を探すのは可能ですが、それなりの情報アンテナ収集能力が高い方
しか向いてないでしょう。

結論は、転職への成功近道は薬剤師転職サイトへの登録なんです。





今まで述べた以下の内容を薬剤師転職サイトのエージェントは行ってくれます。

 

・薬局機能情報より詳しい薬局内容、枚数、人手、人数、年齢層、科目別内訳を調べてくれる
・希望地域、年収、自身の大まかな経歴と資格情報、ここ数年の調剤報酬の動きで何ができるか
上記を打診すればうまく薬局を探してくれる
・給与面、休暇状況、評価体制について聞いてくれる
・休み体制の実際の組み方、本当に休めているのか、聞きにくい部分を網羅
・幅広い法人に一気に声がけするので非常に効率的
・時間がない人は絶対に薬剤師転職サイトを利用するべき。圧倒的な時間短縮術。

薬剤師転職サイトを使うメリットメモ

薬剤師人手不足に困ってる法人を広く探してくれる
圧倒的な時間の節約になる

時間がなく、給与などの交渉面で不安がある方は
薬剤師転職サイトを使うようにしましょう。

薬剤師転職サイト

薬剤師転職サイトはおすすめはどれか迷いますよね。
複数あっても困りますので、2つに絞り、どちらかにしていくことをお勧めしています。

マイナビ薬剤師
マイナビの特徴→ ドラッグストア併設型、大手の薬局の登録が充実。
ある一定レベルの大手の薬局登録が非常に多い。
イベント数などで圧倒しているため、広告費用をかける規模の薬局登録数の多さが特徴的。
大手薬局をまだまだ経験したいのであれば、
マイナビ薬剤師がいいでしょう。

薬キャリ

薬キャリ(エムスリー)の特徴 → 大手、中小規模の薬局含め登録数はダントツ。
小さい規模でも優良な薬局が多い。エージェントからの連絡もメール等でスピーディ。
かつ薬剤師転職サイトでは超大手なので安心の転職活動が可能。
採用、契約履行までの流れが極めてスムーズ。
もちろん、薬剤師の給与交渉もしっかり対応。
抜群におすすめできる薬剤師転職サイト。
薬キャリ>>公式サイトを見てみる

 

薬剤師転職には今まで通り自分の簡易略歴のみでは
転職しづらい傾向にあります。
転職するにはたった一つの工夫だけで、転職成功と失敗の差は雲泥の差ですから
以下の記事を参考にされてください。

有料記事級!
これだけ違う職務経歴書。転職先が決まる薬剤師と決まらない薬剤師

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

続きを見る





 

くじらブログの人気記事

薬剤師検査値処方箋トレーニング 1

ここ数年、検査値の処方箋の流れがきていますよね。 また日経Diでも記載されていましたが、以下のシーンが多くなってきています。 薬剤師業務で最近増加してきたこと ・医師から在宅等で処方内容を相談される ...

2

2021年現在で最高の保冷剤を今日は紹介。 季節がらアウトドア、ピクニック、キャンプと保冷剤が大活躍の季節。 保冷剤、スーパーやケーキ屋さんでもらう格安の保冷剤を使っていませんか? 格安の保冷剤は保冷 ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師業界情報, 薬剤師転職について
-, ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と薬剤師転職 , 2021 All Rights Reserved.