薬局ワォ!運営

御社は大丈夫?そう薬剤師労働条件。

2018年(平成30年1月1日)より職業安定法が改正され施行されています。
自分の薬局、薬剤師条件、採用通知、は本当に大丈夫でしょうか?

率直に言って、ほとんど対応していない、が現状かと。
医療業界は非常に特殊な業界の為、さらに
薬剤師というフィルタがかかり、労働基準法等には
極めて守られていない(というか守りにくい)状況にあるのは
念頭においておきましょう。

かといって、一部上場企業等、コンプライアンスを遵守しなければいけない
薬局薬剤師業界もありますので、今回の職業安定法改正について
再復習しておきましょう。

ポイントは、労働条件の詳細かつ具体的な明示、かつ
固定残業代について、
です。

職務、管理職によっては、年棒支給制度の薬剤師もいるかと思います、
その場合、

1.みなし残業代金は、何時間分で、その賃金はいくらに相当するか明示。
ダメな例 給与:年収換算で600万、 残業代含む
例2 給与:年棒制度を採用、550万、手当て含む、残業代10時間含む

改善案 : 例1 年収換算600万、(月50万)、
残業代は 月15時間(時給2800円、42000円を含む
例2 : 年棒制度、 年収:550万
残業代10時間/月 含む(時給2200円、22000円を含む
手当て明細; 管理薬剤師手当 12000円/月
認定薬剤師手当て 3000円/月
●●手当て 2000円/月

つまり、明示明確が求められています、
おそらくほとんどの薬局、中小規模の薬局では・・・・

[chat face="man3.png" name="" align="left" style="type1"]君は管理薬剤師だから、残業代は払わないからね[/chat]

と言われているのではないでしょうか。
これは大きな間違いです。

[chat face="man5.png" name="" align="left" style="type1"]その見込み残業代、
いわゆる固定残業代は何時間分で、かつ、いくらなのか提示する義務があります。
また、それを越えた分の支払いについて、時給換算でいくら支給なのか、明示しなければいけません。[/chat]

かといって、会社に対して、ご自身の権利主張ばかり打診してはいけません。
この手の整備をしている企業、薬局はほとんどありません。
従業員と、社長と決めていく内容です。
特に、小規模の薬局携形態では、代表取締役も現場に出ている場合があり、
労務管理までできていいないのが現状です。
皆で労務管理は整備していかなければいけないのが
薬局業界の特徴になります。

また、意外と知られていませんが、
給与の遅延と、ボーナスの支払いの滞り。
あってはいけませんが、この薬剤師業界でも、垣間見えています。

今回の労務改訂で、ご自身の残業代を紛糾し、
転職しても、転職先でこの範囲が整備されていない可能性は
極めて高いでしょう。

つまり、

[chat face="man5.png" name="" align="left" style="type1"]自分の薬局において、もし年棒制度または年収制度での雇用の場合、それはみなし残業が含まれているはずです。その、みなし残業が、月何時間なのか、その内訳と時間給、それを超えた分の支払いはどうするのか。その明記が必要です。もちろんご自身の採用ホームページへの更新も必要ですよ。[/chat]

[chat face="man5.png" name="" align="left" style="type1"]また、中途採用における薬剤師転職サイトへの、打診も必要です、求職者へ面談するまで、上記の条件を明確に明記後、面談決定をしなければいけませんので、後だしで条件通知概略をしてはいけません。[/chat]

 

 

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

中小規模の薬局の経営層、若手中間層と話していて、皆さん同一のご意見内容があります。 それは、「地域連携薬局を目指していたが難しくなってきた」 切実な悩みでしたが、同じように思っている薬局は多いのではな ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬局ワォ!運営
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.