薬剤師業界情報(薬歴最新情報も)

副作用対策研修?

先日、ある地域の小規模の薬局に訪問しまして、
まだ副作用報告手順書が整備されていない企業がありました。

この企業はグループでまだ地域支援体制加算を算定しない為、
チェック機構から漏れていたのでいいでしょうが、
2018年10月1日からきちんと整備、社内徹底が命じられている
ものなので、まだな薬局は急いで対応されてください。

日本薬剤師会から、副作用報告手順書もありますが、
もし、考査された薬局薬剤師向けの副作用報告手順書が
必要な場合、お問い合わせからご連絡ください。販売配布しております。

小規模の薬局では社長が薬剤師のことが多く、
ここまで本当に手が回ってないことが多々あります。

ちなみに、

副作用報告に係る手順書を作成し、報告を実施する体制を有していること等が求めらたのは、平成30年9月30日まで経過措置で、10月からは保険薬局業務を行う上で必須の条件です。

ここのブログでのポイントは、

手順書の整備だけでは、ダメ(当然ですよね)
ということです。

手順書は最低限の整備です。様々な薬局を拝見しておりますと、
プレアボイドにおける報告は、かなり進んでいるかな、と思われます。
薬剤師会によって、プレアボイドの報告については今現時点での段階では
(2018.12.05) では、報告体制における整備は県によって異なります。

プレアボイドは副作用を未然に防いだもの、
残薬の調整を薬剤師が介入したもの、
薬学的判断により服薬アドヒアイランス向上を狙った一包化も含みます。

PMDAへの報告は、すでに生じた副作用等の報告なので間違えないようにしてください。
各機構、地域によっては薬剤師会、または処方発行元の医院への連絡、
トレーシングレポートが定められている地域がありますが
ほとんどの地域は、ヒヤリハット機構への報告をしている段階です。

なんどもいう通り、副作用を未然に防いだもの、なのですでに生じてしまった
過誤はプレアボイドの考え方では報告件数には合算しないので注意してください。

 

副作用報告は薬局機能評価に入れるか、
現在協議されています。

あなたの薬局が、いかに、毎日、プレアボイドにおける薬剤師介入をし、
疑義照会で副作用を未然に防いでも、報告しておかないと、
厚生労働省は件数として抽出できませんので、必ず報告するように。

ここは,もしあなたが薬局の社長、管理職、薬局長、
管理薬剤師であれば、部下やスタッフ薬剤師へ報告の義務化は
言葉強く言っていいかと思います。
すでにほとんどの、強い運営をしている薬局薬剤師は報告は手馴れたもので
きちんと行っています。強制力をもたせて作業して、薬局薬剤師が不満に思い
転職したとしても、他薬局に転職してもすでにそこの薬局薬剤師は皆行っています。
そんなものです。安心して、指示されてください。

薬剤師として薬局へ転職したい、したいが方法がわからない、自己アピールがわからない、給与交渉を任せたい、このエリアで、ワークライフを守って就職してみたい、

そのような相談も受け付けています。気軽に、問い合わせ欄からお問い合わせされてください。区間で1−2名内のみの受付なのでルーズには対応致しません。

また、薬局企業を立て直したい、従業員教育について目をむけたい、うまく組織化して、生き残る薬局を目指したい、そんな経営を目指したいが何をすればいいかわからない、そんな相談があれば、気軽に、問い合わせから連絡をされてください、力になります。

また、研修についてプランニングしていきたい、ぜひ一緒に考えましょう。

 

薬剤師の98%が知らない薬局運営術

薬剤師ブログ著者

 

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

服薬期間中のフォローアップが2020年の9月から施行。薬局薬剤師として、どのようにフォローを行い、それを記録管理していくのでしょうか。服薬期間中のフォローアップは努力義務ではなくて、服薬指導業務の一つ ...

3

薬局薬剤師で求めらる能力とは何でしょうか。 がーん薬局薬剤師は、昨今は情報量が多くて、プラスαで何か学んで行かないといけない内容があるんじゃないかにゃ 薬局薬剤師で必要な能力、知識。薬局企業側と、 現 ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

薬剤師としてこれからはどのように生きて行けばいいんでしょうか。とても不安を感じられる方が多い印象です。皆さんも将来に不安には何度か思った事があるはず。新卒から入社、派遣薬剤、パート薬剤師だとしても将来 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師業界情報(薬歴最新情報も)
-,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.