薬局ワォ!運営

薬剤師の評価基準導入前にする動きの秘密

薬局運営において、ほとんど考えれらていない「評価」。

考えられてはいるけど、いまいち現場に伝わっていない評価制度、不明瞭な評価制度。
薬局の業種は、それが元になって転職する薬剤師が非常に多い業種となっています。
(歯科衛生士や病院勤務従事者も同様です。)評価制度なんてそんな大企業みたいな実力制度な風潮は、
自分の運営に取り入れ出来ない・・・この意見は間違いです!!!!
薬局薬剤師への評価制度は、強制的な上から目線の査定ではなく、
従業員の教育、薬局の育成につながるものですので是非とも導入すべき内容になります。

決して、人を評価し、査定して点数をつけるシステムではありません。

評価するためには、○○をして欲しい、という経営側から従業員への平易な目標を設定し、
それにともなう各自の行動をアクションしていく、言わば教育のTo Doになります。
評価制度を導入する為には、 それを各従業員へ明文化しなければいけません。

勤務薬剤師へ、 医療事務へ、 ・何をすれば具体的に評価されるのか、
ボーナスの差がでるのか、 昇給はどんなことをすればいいのか、
すべて明示していく必要があります。 2018年調剤報酬改定を前に、
この動きは早く導入しなければ、薬剤師のモチベーション、
意識改革をしなければ次回改正についていけないでしょう。

ご自身の店舗、薬局ではどうでしょうか。

この ブログを読んでいるあなたがもし、管理薬剤師、または薬剤師である場合、
どうすれば会社に評価されていくか、
どういう行動すれば具体的にどのくらい評価されていくか、
最低でも5つみつかるようであればこの内容を読む必要はありません。

経営、マネージャー、グループ長等の中間管理職の場合、
その評価体制に伴う具体的なアクションプランを1つの評価につき詳細に打診
、明文化落とし込みできているのであれば今回の内容は 不要になります。

給与は仕事に対する正当な報酬です。
日々の調剤、投薬、薬歴、在宅にかかりきりで
ご自身の給与、評価が後回しなんで決してしてはいけません。

黙って調剤していれば、誰か評価してくれる、なんてミラクルはこの業界では生じません。
評価体制が整っていなければ経営者に打診。
中間管理職でも、評価体制に疑問を感じるようであれば、すぐ導入を考えるべきです。

かかりつけ算定しろ、 服薬情報を積極的に取り入れろ、 OTCをすすめろ、
等の指示管理(または中間管理職)ではダメです。

各現場の自主的なムーブメントを起さないと、
永久にその薬局母体は活性化、組織化はしていかず、
売り上げ、経営も長期的にみれば人的資産の減少にもなり、
破綻するかもしれません。

評価で気をつけていないといけない点は、薬剤師の専門性をある程度誘導して、
ご自身が何をしていくか、 と考える方向付けをしてあげてください。

簡易的には、
薬剤師 →サブ薬剤師 →管理薬剤師 → 専門薬剤師(病気特化、在宅特化)→教育、薬事
→スペシャリスト
→ 数字管理、経営管理、ヒト的管理 →経営管理
→内務行政管理
→ ヒト的管理、薬歴リスク管理

とおおまかに分けて未来あるキャリア構造にするのも一つの手法になります。
しかし薬剤師は専門性が高い為、皆が皆、そのようなキャリア組織志向ではない為、
そのメンバーの方々の為の道筋を生かしておくことも極めて重要になっています。

その場合は 専門性を高めていく方向になります、
昨今の調剤報酬の流れ、
改訂状況をふまえ、

「専門性もなく、将来の薬剤師キャリアも考える気のない薬剤師」は

振り分けていかなければいけません。
ただ、その場合は排他的にするのではなくあくまで
サブ薬剤師として、ご自身は何をしていくのか、を明確にしていく必要がありますので
サブ薬剤師はサブ薬剤師の範囲で、
何をするのか、管理薬剤師は○○で忙しいので何をするのか
、 そこは一緒に考える必要があります。

このサブ薬剤師ー管理薬剤師の関係の職能ですが、お互い求めるもの、
関与すべき内容が大きく乖離している場合があることに注意を払ってください。

きちんと定期的にミーティングしなければいけません、
[黙っていても気がついてサポートしてくれる薬剤師]なんてほとんどいません。

仕事の範囲はきちんとお互いが範囲職能を示していかなければいけません。
薬剤師業界、薬局業界は専門性がある特殊な職能の為、この範囲が極めて多色に比べて劣っています。

ミーティング、会議、朝礼、サポート、チーム意識といった概念の導入に
極めて多大な労力と時間がかかります。
それはなぜなら、新卒からその教育に重点が置かれていない為です。

では どうするのか。。

そこは ご相談下さい。

コメント欄にメールアドレスを頂きますと返信します

薬局コンサルタント研修

薬局コンサル 格安相談料金

順序

ご相談(メール等での内容相談)

無料 (薬剤師のモチベーション、評価体制、調剤報酬改定に伴うプラン、
会議、等)
※受付時期によってはご相談に沿えない場合があります※

プランの相談決定
(薬剤師意識向上プラン、組織化プラン)

相談内容のヒアリング
(初回: メール 細部はお電話でのヒアリング)

問題の洗い出し、メールでの打ち合わせ

御社への訪問、打ち合わせ (半日程度)

実施プランの施行

研修内容の持続的なフィードバック (再訪問)


プラン成果確認(数字管理、売り上等)

10万円 (期間は値段は御社都合により変わります)

小規模プラン(店舗3店舗以下)
調剤報酬改定に伴う動きを自薬局へ
最新の薬歴管理チェック
薬局内インフラチェック
従業員不満チェック
評価体制の簡易導入
5万円(期間は御社都合により変わります)

[amazonjs asin="4498079205" locale="JP" title="薬剤師のための医学論文活用ガイド〜エビデンスを探して読んで行動するために必要なこと〜"]

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

服薬期間中のフォローアップが2020年の9月から施行。薬局薬剤師として、どのようにフォローを行い、それを記録管理していくのでしょうか。服薬期間中のフォローアップは努力義務ではなくて、服薬指導業務の一つ ...

3

薬局薬剤師で求めらる能力とは何でしょうか。 がーん薬局薬剤師は、昨今は情報量が多くて、プラスαで何か学んで行かないといけない内容があるんじゃないかにゃ 薬局薬剤師で必要な能力、知識。薬局企業側と、 現 ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

薬剤師としてこれからはどのように生きて行けばいいんでしょうか。とても不安を感じられる方が多い印象です。皆さんも将来に不安には何度か思った事があるはず。新卒から入社、派遣薬剤、パート薬剤師だとしても将来 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬局ワォ!運営
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.