薬剤師転職について

薬剤師転職サイトおすすめ2017-2018年 2/4

今回のブログ記事のポイント

  1. 2018年転職のトレンド(前回記事)
  2. これだけはやってはいけない、(今回)
    転職サイトのここをチェックする(次回記事
  3. 薬剤師転職おすすめの会社とその理由(次回記事)
  4. 薬局薬剤師として転職するには、これがないともう転職できない?(次回記事)

さて今回の薬剤師の98%が知らない薬局運営術ブログ記事では、
どの薬剤師転職サイトがおすすめか、また何をチェックして
薬剤師転職サイトに登録するか、を焦点を当てていきたいと思います。

薬剤師として転職するにあたってNGなのは、

複数の転職サイトに、同時登録してはいけない

です。これだけは守ってください
複数サイト登録のメリットとして、
・よりいろいろな求人が紹介される
と思われがちですが、そういう訳ではないです。

よほどでは無い限り、大手の薬剤師転職サイトは網羅されています。
ただ、その大手サイトで、

広告を出しているのはここだけ、
こことここだけスポットで有料広告を出している、
というのは、あります。
ネット広告は一般的に非常に高額です、スポットタームで
100万、または80万程度払っていますし、よく拝見します
職場の**の声、みたいなページでも非常に高額な広告料を払っています。

そのため、広告サイトつまり、
転職サイト見開いてまず見やすい箇所にあるものは、
都度サイトによって異なる場合がありますのでそこを確認するために、
複数サイトへの登録はOKですが、

すぐさま転職する、等にチェックはまずはせず、
複数サイトでの広告バナー等をチェックして、さらにそこから
まずは本命の企業を選び、本命の転職サイトで
再度、すぐ転職する、を選んでください。

ポイント

・すぐさま転職活動する、にチェックいれて複数サイトに登録しない
・まずは、各サイトの広告バナー等、をチェックする
・よい企業等を選ぶ
・そこから、本命の転職サイトで、【すぐ転職する】を選ぶ
↑これを守らないと、全サイトのコンサルティング担当から
一気に電話がかかってきます。

ちなみに、色々なサイトA,B,C社に同時登録して、すぐ転職活動する、
を選んでいる場合、

企業側には、同じようなタイミングで、
A社、B社、C社から、匿名ですが概略で、転職内容、履歴書等が一気に
送られてきます。人事としても、どのあまりに一気にデータが送られる、
電話がかかってくるので、あまり精査できない場合があります。

なので、転職時期: すぐ で、複数の薬剤師転職サイトに登録しないように
注意しましょう。

薬局企業を立て直したい、従業員教育について目をむけたい、
うまく組織化して、生き残る薬局を目指したい、そんな経営を目指したいが
何をすればいいかわからない、そんな相談があれば問い合わせから
連絡をされてください、力になります。

薬剤師の98%が知らない薬局運営術 薬剤師ブログ著者

 

 

 

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

中小規模の薬局の経営層、若手中間層と話していて、皆さん同一のご意見内容があります。 それは、「地域連携薬局を目指していたが難しくなってきた」 切実な悩みでしたが、同じように思っている薬局は多いのではな ...

3

薬局薬剤師で求めらる能力とは何でしょうか。 がーん薬局薬剤師は、昨今は情報量が多くて、プラスαで何か学んで行かないといけない内容があるんじゃないかにゃ 薬局薬剤師で必要な能力、知識。薬局企業側と、 現 ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師転職について
-, , , , , , , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.