薬剤師転職について

【成功への道】薬剤師の年収と届け出増減をチェック

薬剤師の人数の増減を見てみましょう。
薬学部の乱立バブル(と言われた)から数年経過しています。

現段階での最新(平成30年の調査が2020年現在は最新公表内容)の届け出薬剤師人数を調べてみましょう。

・届け出薬剤師人数は増加傾向

・全国の届出「薬剤師数」は 311,289 人。約3%の増加傾向。
「男性」120,545 人(総数の 38.7%)「女性」190,744 人(同 61.3%)。

・「薬局の従事者」は 180,415 人(総数の 58.0%)前回に比べ 8,273 人、4.8%増加。
・「医療施設の従事者」は 59,956 人(同 19.3%)で、1,912 人、3.3%増加。
そのうち、「病院の従事者」は 54,150 人(同 17.4%)、「診療所の従事者」は 5,806 人(同 1.9%)。




薬剤師登録数は増加傾向

薬剤師は平成30年現在の大規模調査結果だけど、増加傾向なのは間違いないです。

薬局の増加推移傾向よりも病院採用傾向の増加が増えているのは2018年時点で団塊世代の退職が一巡して
下の世代が退職、新卒採用の増加人数傾向が多いからかもしれません。ただこれは分母が大きいんで
増加実数を見ると薬局薬剤師は大幅な増加結果が出ています。

気になるのは、県別での薬剤師充足状況ですよね。
ここ2年ではそこまで変化はないと思うのでこのグラフが参考になると思います。

都道府県別の薬局医療者の登録数です。
東京は予想しやすいですが、他の県がなかなか参考になります。

薬剤師充足地域ランキング

薬剤師登録の多い地域TOP3
・1位: 徳島県
・2位: 東京都
・3位: 兵庫県

薬剤師登録の少ない地域ワースト3
・1位:沖縄県
・2位:福井県
・3位:青森県





東京都よりも徳島県が登録数多いのが意外と驚かれるかもしれませんがこの傾向は昔から変化がありません。
徳島はこの登録者の多さによる薬剤師賃金平均も抑えられている状況。
(一方で山間部の徳島の薬局地域は募集がまだあります)

もちろん、この薬剤師登録数の多さ、少なさで待遇の差、給与傾向に差が出てきています。
(登録が多い、都心部、交通発達地域は当然給与傾向は低下)

派遣薬剤師のポイント

・フリー薬剤師、派遣薬剤師で全国を動いて薬剤師勤務したい場合は、この登録者数を参考にする。
・当然TOP10は充足している
・派遣薬剤師で狙うならワースト5

一時期SNSで話題になっていました、東京都や兵庫、大阪の圧倒的な派遣薬剤師の採用数激減ですが、
登録数の少ない地域での勤務を念頭に置けば、まだまだ派遣薬剤師として勤務できる状況にあるでしょう。

【実例あり】派遣薬剤師ではここに注意

薬剤師の経験と給与を求めて、派遣薬剤師を選んだ新卒薬剤師。失敗のデメリットエピソードがあるのでチェックしてみましょう。

がーん
派遣薬剤師として山間部での薬局で勤務。給与もある程度補償されていたんだけど、辛かったことがあるにゃ。
地域的な問題と、派遣先の従業員の問題じゃなかったの?
くじら薬剤師
がーん
そうですにゃ。派遣を頼むだけあって人手が慢性的に不足の薬局でしたにゃ。設備も古く動線も悪くて働きにくかったです・・。かと言って派遣なので言えないですし・・。薬歴の内容も他の方は薄すぎてわからないし・・。形だけの電子薬歴だったにゃ。

あと言いにくいけど社長と現場が全然仲良くなくて、管理薬剤師も不機嫌だし、楽しくない職場だったんです。派遣薬剤師だから投薬をほとんど任されて。、勉強というよりは作業。あの薬局は勤務して意味がなかったかもしれません.

さらに・・良いことなんでしょうが、地域の輪重視をしている地域で、地域住民の関わりがとても多い地域だったんです。週末は清掃、街イベントは全て出席、地域の消防団、会合の相談など。若手と言われてありとあらゆるイベントに強制参加させられてて・・・。

派遣登録で勤務できる前に実際どのくらい募集時期があったのか聞いて見てもいいね。慢性的に不足している場合はどんな理由があるかチェックしないと大変なことになるから。

派遣で投薬重視のスタイルになるのは仕方ないんだ。これは全国共通だろうね。期間採用なので、投薬重視にさせられるのは現場が疲弊してるからだし、棚、予製、在宅を任せるわけにいかないから。ここは慣れていくしかないでしょう。

地域性があるから何とも言えないけど、都心部で勤務されていた派遣薬剤師さんがよく直面される問題だけど地域のイベント、会合が行われている地域はよくチェックしないと週末も全て借り出しになる場合があるよ。これは事前に調査しないと、気になる方はダメだと思うよ。

くじら薬剤師
がーん
あとですね・・地方の薬局でかかりつけ算定が多い薬局があって。。
ああ、あのパターンだね。 かかりつけ無関心問題、ってのが発生してるやつだ
くじら薬剤師




【国も驚愕した】かかりつけ薬剤師算定が産んだ弊害2つ

かかりつけ算定が普及して、複数薬剤師が在籍する薬局で発生した問題は2つ。
これは全国共通も問題になっています。

注意1

かかりつけ算定患者以外に、あまり興味がなくなる薬剤師の発生

注意2

かかりつけ算定患者は、投薬薬剤師が限定される。結果、かかりつけ薬剤師以外の薬剤師から無関心が発生。

中堅薬剤師
あの患者は、私のかかりつけ患者だから。新卒ネコさんは、待合にいる他の患者、お願い、私はかかりつけ患者対応するから
ちちちちょっと待ってくださいにゃ。待合には6名待ってますよ!かかりつけは1名だけですよね
がーん
中堅薬剤師
仕方ないじゃない。かかりつけなんだから。会社からも算定するように言われているし





シーン2を見てみましょう。

中堅薬剤師
あ、あの患者さんは新卒ネコのかかりつけ患者だわ。私は関係ないわ。
ちちちちちょっと先輩!今は私も手が離せないのである程度まで手伝って欲しいにゃー
新卒ネコ薬剤師
中堅薬剤師
なんで?責任持って新卒ネコがやりなさいよ。

全国の薬局で発生した新しい問題が発生しています。類似の例を皆さん体験、みたことがあるのではないでしょうか。

かかりつけ薬剤師は個人の算定の診療報酬にしたため自分の責任から外す薬剤師が増えています。
かかりつけ薬剤師は、薬剤師から薬局へ概念を変更した方がよくないですか??

はてな

かかりつけ制度は、「個人単位」である制度から「薬局単位」へ変化が必要。
病院と同様のモデルは薬局には当てはめないようにするのが良いのでは??

薬局を指導する人
かかりつけ薬剤師算定をノルマにしている本末転倒な企業も増えています。本来のかかりつけ薬局薬剤師の主旨の理解ゼロで悲しくなります。

 

薬剤師の年収平均(給料)はどのあたりなのか

薬剤師の平均年収(給与)を調べてみましょう。
年収(給与)はみなさん気になりますよね。この平均ってのが難しいところです。

年齢による差、医療過疎地域による給与高騰、ドラッグストア併設型の超大型チェーン薬局。
なかなかそれらを一緒くたにして「薬剤師の平均給与年収」と判断するのは難しいのですが
目安にはなります。

調査方法としては厚生労働省の賃金構造基本調査、医療経済実態調査の方法もありますが、
一番わかりやすく、年齢別に示してある人事院の民間給与調査を見てみましょう。

これは月別に決まって支払われる金額になります。
例えば、図に示しますように36歳から40歳の薬剤師の支払い賃金平均は、383952円です。
これを12ヶ月分で、4,607,424円となり、ここに賞与が加わってきます。





企業にもよりますが定価報酬が383,952円の場合、賞与は基本給の2ヶ月分〜2、4ヶ月分である場合
(例えば間をとって2,2ヶ月分とする)、

383,952円*2で、767,904円となります。
これに先ほどの4,607,424円を足すと・・

5,375328円となります。

これは上記に示しますように30台の、常勤薬剤師の平均年収となります。

30代薬剤師平均年収

地域の差はあれどおおよそ約530万前後

これにもし、管理薬剤師になると、管理薬剤師手当が付与され、
企業にもよりますが月平均で3万円前後上昇し、結果560万前後となるでしょう。

30代管理薬剤師平均年収

管理薬剤師になると560万円前後となる

 

えっ?平均年収ってそんなもんなの?

薬剤師の平均年収30代の場合は、530万前後、管理薬剤師になると560万円前後と記載しました。
しかし一方で他のサイトではもっと高く書かれているサイトがあると思います。
これは理由があります。

・開設者薬剤師給与も平均されてしまい、結果の平均が高額になる
・実際現在の50歳台の平均給与が600万〜700万の地域があり平均給与を押し上げている
・ドラッグストアなどの初任給の給与が高い業種の平均も盛り込まれている

そのため、サイトによっては平均給与が580万〜600万と記載の幅で記載されている場合があります。

これはあくまで「平均」です。

みなさんが実務で目にしやすい30歳から40歳台のバリバリ世代の平均の実際は上記に示した通り530万円から600万円です。

医療過疎地域や薬剤師が少ない地域になれば当然これが600ー650万円の平均になり約月にして6万円前後の上昇になります。
20台の新卒薬剤師中心のバイアスがかかるとこれは当然500万円前後または500万円以下になってきます。

薬剤師平均年収のまとめ

薬剤師の30ー40歳の平均給与年収は530〜600万円

くじら薬剤師
管理薬剤師の場合は、何も実績やプラスの要素、自分の武器がないと550万円が平均相場の場合が多いよ。
がーん
えー。何も武器がないってどういうことなんですか??




「自分に投資」薬剤師は将来に備え武器を備える

今回のくじら薬剤師ブログは、薬剤師平均年収でした。それぞれの世代、地域がありますから一概には言えませんが人事をしているくじらの現段階の直感的判断金額としては妥当なラインの金額です。

何もしていない、自分の武器がない薬剤師さんにとっては給与の上昇は見込めません。昇給は薬剤師業界がほぼ皆無です。
中途薬剤師における年収は、一旦提示金額は釣り上げる傾向にあり、その後は一切昇給しない中小規模の薬局がほとんどです。

給与を上げるのを期待するなら投資信託で年4%程度で利率複利で運営した方がいいです。





注意ポイント

薬剤師の給与は上がりにくい。昇給はほとんどない場合が多い。

分からない人
中途薬剤師として給与につれられて色々転職したけど、転職先には昇給がぜんぜんなくて、結局元々いた薬局の方がもしかしたら結果的には給与が総合的には上がってたかもしれない

これから薬剤師として勤務するには自分力、いわゆる自分を売りこめる何か、をつける必要があります。
それについては過去ブログを参照にされてください。

将来不安な人が読むブログ

薬剤師としてこれからはどのように生きて行けばいいんでしょうか。とても不安を感じられる方が多い印象です。皆さんも将来に不安には何度か思った事があるはず。新卒から入社、派遣薬剤、パート薬剤師だとしても将来 ...

続きを見る

薬剤師の転職がまた増えてきています。コロナによる派遣中止、いやでも経営側が生産性をチェックしていく必要が出てきています。
転職はサイトを見極めてください。

転職時必読
これがベスト薬剤師転職サイト。知らないと損をするので絶対に読んでおく。1/2

薬剤師のベスト転職サイトは信頼できるものを選択しましょう。今現存する薬剤師転職サイトは実はかなりの数が存在します。どれを選択して登録していいかわからない。転職は人生の岐路。かなり需要な選択肢。ベストな ...

続きを見る

薬剤師として転職するなら圧倒的な企業数,日本で最大の薬剤師転職サイトを利用して転職されてください。
薬剤師転職は非常に多岐に渡るサイトがありますがポイントは3つ。

・一番大手の転職サイト(薬キャリ(エムスリーです))だと企業登録数がダントツで成功しやすい。
・他の転職サイトも利用している薬キャリが安心。なんたって企業登録数1位。
・連絡がこまめ、企業規模が突出している転職会社だとトラブルも安心。

これを解決するのが薬キャリ(エムスリー)です。

>>日本最大の薬剤師転職サイト薬キャリ公式サイトを見てみる

 




くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

中小規模の薬局の経営層、若手中間層と話していて、皆さん同一のご意見内容があります。 それは、「地域連携薬局を目指していたが難しくなってきた」 切実な悩みでしたが、同じように思っている薬局は多いのではな ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師転職について
-, , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.