薬剤師転職について

転職薬剤師の為の秘訣

薬剤師として正社員、パート、派遣で転職を考える前に。
過去のブログでも綴りましたが、
売り手市場である薬剤師業界、それは以前として
変化していませんが、時代の変化のハザマにいるのは事実です。

以前はママ薬剤師、リターン薬剤師としても
すぐに現場に配属後、慣れ期間と称した【名前だけ復習期間】を
行った後、勤務できた時代もありましたが、
2016年の調剤報酬改訂および
2014年あたりから変化している薬剤師業界の調剤報酬、
運営、算定方法について注視していないと
雇用に繋がらない時代になってきました。

薬剤師の転職(それは勿論パート派遣でも)に
おいては、何度も言うとおり、ポイントがありますので
そのポイントを今回のブログで見てみましょう。

  1. 転職理由
  2. 過去の辛い勤務体験
  3. 休憩時間、休日の考え方
  4. 技術料算定について
  5. かかりつけ算定の考え方
  6. 今後何ができるか


1 についてですが、 
転職先でも、同様の事が起きないのかもう一度考えて下さい。
人事も同じように見ています。 また、転職理由が
離職先の愚痴、不平不満になっている場合も要注意。
本当に転職していいのか、転職してご自身の願いが叶うのか
またその不平不満が解消されるのか考慮が必要です。
[chat face="man1.png" name="" align="left" style="type1"]非常に良く見かけるのが、前職の詳細な不平不満だが、これはちょっと良くないぞ。[/chat]

2 ですが、薬局業界では、さまざまな体験があります。
その苦境の中で、ご自身がどういう対応して、どういう判断と意思を持って
どのような対応したかが重要です。

[chat face="man1.png" name="" align="left" style="type1"]過去の苦境を交えて不平不満を言う場ではないぞよ[/chat]

3 これについては、中小規模の薬局における薬剤師転職において注視されます。
ここ数年、労働基準法における例、対応、等がネットやブログで散見されている為
労働基準法を盾にご自身の意思を通そうとする求職者もおられますが、この休日、
休憩時間に関して念頭におきたい薬剤師は、ぜひ大手チェーン薬局
転職されてください。

[chat face="man1.png" name="" align="left" style="type1"]医療機関で勤務する上でこの手の法律順守はなかなか難しいじゃろ。どこ行っても同じじゃろうなぁ。在宅、緊急調剤・・。[/chat]

 

今回の話題のコアである

4.5.6 ですが
これからの薬局業界、2018年以降も考慮しておきたいのですが
調剤報酬改訂に合わせて、ご自身がどのような動きができるか、
できないか、を考えておくべきです。
企業や社長、運営側として、 薬剤師の診療報酬である
技術料を基礎に、各々のサラリーをペイしていますので、
いわゆる、 あるがままに普通に調剤投薬だけ、は求めていません。

医師への情報提供はしてきたか、可能か。
在宅の報告、対応について、書類について。
かかりつけ算定に伴ったご自身のここ数年の働き方
分割調剤における対応
ジェネリック80%に到達するまでの動き

こう言った内容をプッシュしていきますと非常に転職しやすく、
薬剤師転職サイトの各エージャントもさまざまな企業薬局を紹介します。

[chat face="woman2.png" name="" align="right" style="type1"]つまりは、調剤報酬に絡めた、自分の働き方が、次の職場でどう生かせるか、を伝えるのがポイントなの。[/chat]

転職サイト厳選 サイト3選

[1b]

エムスリーキャリア


どこよりも安心の、薬剤師求人数、登録数No.1、断然おすすめ
ポイント
(特徴)
勤務状況に応じたフィルタから、勤務先を選べれる
全国ダントツの求人数
コンサルタントが丁寧、細やかな連絡、配慮
条件面だけでなく、詳細をヒアリングし、求人を打診する
一般公募でない、隠れ公募も紹介してくれる
なんといっても売上げダントツ。
求人数1位なので紹介薬局、企業、案件が非常に多い
人事、薬剤師社長に聞いた良い人材おすすめ会社と言われる
 デメリット 企業面談の際にコンサル同伴ではない
 オススメ度 [star5.0]

[2b]

2位 リクナビ薬剤師


リクルートが展開するリクナビ薬剤師。専任のコンサルタントがついて、最後まで
案件を探してくれる
ポイント
(特徴)
業界大手の30000件以上の求人
M3キャリアを使用しない、または専任のコンサルタント
が面談まで同伴を求めるならここ。
満足度が1位になった経歴があり、良いサイトでもある
非公開求人が多く、業界ではトップ。
デメリット 業界トップ、担当コンサルによる場合あり
評価 [star3.5]

[3b]

3位 ファルメイト


業界大手ファルメイト。派遣、パートならここもあり。
ポイント
(特徴)
選任のアドバイザーがついて、何度でも相談に乗ってくれる、
派遣パートならぜひファルメイトへ
デメリット 上位に比べると紹介求人がやや少ないか。
評価 [star3.0]

 

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

服薬期間中のフォローアップが2020年の9月から施行。薬局薬剤師として、どのようにフォローを行い、それを記録管理していくのでしょうか。服薬期間中のフォローアップは努力義務ではなくて、服薬指導業務の一つ ...

3

薬局薬剤師で求めらる能力とは何でしょうか。 がーん薬局薬剤師は、昨今は情報量が多くて、プラスαで何か学んで行かないといけない内容があるんじゃないかにゃ 薬局薬剤師で必要な能力、知識。薬局企業側と、 現 ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

薬剤師としてこれからはどのように生きて行けばいいんでしょうか。とても不安を感じられる方が多い印象です。皆さんも将来に不安には何度か思った事があるはず。新卒から入社、派遣薬剤、パート薬剤師だとしても将来 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師転職について
-, , , , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.