2018年 調剤報酬改訂

薬局で安全対策と副作用報告してる?

12月8日の中医協総会で、あくまで提案の段階ですが、
今後の基準調剤加算の項目内に、

医薬品の安全対策や副作用報告を要件化する、

という要件が盛り込まれました。
都道府県の薬剤師会によって対応差はありますが
地域包括、地域ネットワーク構築への舵切りがこの1-2年、出ているかと思います。

今まではMR等が副作用報告に従事していましたが、
地域ネットワークの一部かつ、投薬では医師には打診せず
薬剤師にだけ打診する場合もある中、さらには日々の業務多忙で
報告漏れによる事象を除外したい狙いも隙間見えます。

またこの算定には、

処方医または処方医療機関との連名も求められていますので
個々が勝手に、

算定の為だけの、
副作用報告をしてはいけません。

かと言って、現場の医師は、書類だけ後で見ておくから
そっちで勝手に作っておいて、となる可能性が多きいかもしれませんね。

あくまで、 盛り込まれた、段階ではありますが、
俯瞰的に見て、 **回、副作用報告を1年で行なっている、ことが
厚生労働省の判断基準になりますので、今後は、

医薬品の安全対策や副作用報告 に対して今一度
ご自身の基準薬局算定店舗で 会議するべきだと思います。

どういうものを報告するのか、
誰がするのか、管理薬剤師の名前でしていくのか、
Drには調剤報酬改訂からの説明が必要
パート、派遣薬剤師への周知徹底
投薬時でにヒアリングの遵守
↑副作用を何度もしつこく聞くものではありません

また、門前医院処方元医院への情報提供も行い、
速やかな2018年調剤報酬改訂を迎えなければいけません。

[chat face="man3.png" name="" align="left" style="type1"]基準算定に盛り込まれたと言って、患者にしつこく、副作用のヒアリングをしてはいけません[/chat]

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

中小規模の薬局の経営層、若手中間層と話していて、皆さん同一のご意見内容があります。 それは、「地域連携薬局を目指していたが難しくなってきた」 切実な悩みでしたが、同じように思っている薬局は多いのではな ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-2018年, 調剤報酬改訂
-, , , , , , , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.