2018年 調剤報酬改訂

服薬情報等提供料での提出後の流れ

処方箋検査値から疑義照会、服薬情報等提供料の算定、
かかりつけ業務等で、検査値について考慮すべき業務が格段に
広がりました。腎機能に伴う、疑義照会が格段に増加しています。

ここで服薬情報等提供料(2018年疑義解釈1含む)を復習しましょう。

服薬情報等提供料(2018年度診療報酬改定)
「保険医療機関の求めがあった場合」(服薬情報等提供料1、30点)
・保険医療機関の求めがあった場合
・患者の同意必要
調剤後も当該患者の服用薬の情報等について把握、
保険医療機関に必要な情報を文書により提供等した場合に
月に1回に限り算定する
これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。
↑算定した後は、そのアセスメントについてきちんと記入しましょう。
服薬情報等提供料を算定し、文章のみの提出で、その後、いわゆる
 アセスメントがない場合は認められませんので、注意。

「患者やその家族の求めがあった、または薬剤師が必要性を認めた場合」
(服薬情報等提供料2、20点)

疑義解釈資料(その1):かかりつけ薬剤師指導料や在宅患者訪問薬剤管理指導料等を算定していない患者について、その患者に関わっているケアマネジャー等からの求めに応じて、確認した服薬状況、患者への指導内容について情報提供した場合も、「患者の同意を得るなどの要件を満たせば、(服薬情報等提供料2を)算定して差し支えない」

服薬情報等提供料(2018年度診療報酬改定)ですが、
各中小企業規模の薬局をまわって思うのですが、
服薬情報等提供料算定文章を提出するのはいいのですが、その後の流れを
時系列的にわかるように薬歴に記入しておかなかければいけませんので、
ここを注意されてください。

[chat face="man5.png" name="" align="left" style="type1"]また、時系列的に記入しておいた場合でも、薬歴の表紙等にその提出、その後のアセスメント簡略もわかるように
しておくと、指導、鑑査等でかなり高評価になるでしょう。[/chat]

 

薬局企業を立て直したい、従業員教育について目をむけたい、
うまく組織化して、生き残る薬局を目指したい、そんな経営を目指したいが
何をすればいいかわからない、そんな相談があれば問い合わせから
連絡をされてください、力になります。

薬剤師の98%が知らない薬局運営術 薬剤師ブログ著者

 

 

 

 

くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

服薬期間中のフォローアップが2020年の9月から施行。薬局薬剤師として、どのようにフォローを行い、それを記録管理していくのでしょうか。服薬期間中のフォローアップは努力義務ではなくて、服薬指導業務の一つ ...

3

薬局薬剤師で求めらる能力とは何でしょうか。 がーん薬局薬剤師は、昨今は情報量が多くて、プラスαで何か学んで行かないといけない内容があるんじゃないかにゃ 薬局薬剤師で必要な能力、知識。薬局企業側と、 現 ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

薬剤師としてこれからはどのように生きて行けばいいんでしょうか。とても不安を感じられる方が多い印象です。皆さんも将来に不安には何度か思った事があるはず。新卒から入社、派遣薬剤、パート薬剤師だとしても将来 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-2018年, 調剤報酬改訂

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.