薬剤師業界情報

モバイルファーマシー導入

このブログの日時段階ですが
九州地方でさらに1件モバイルファーマシーの誕生になりました。

モバイルファーマシーとは?
薬局機能を搭載した機動力災害対策医薬品供給車両。
ポータブル発電機、ディープサイクルバッテリー、ソーラー発電機、水タンク等を搭載
しており、電力や水の途絶えた被災地でも自立的に調剤作業と医薬品の交付が行えます。
キャンピングカーを改造した車両で普通免許で容易に運転できます。
車両によっては、自動分包機等を搭載の車両もあります。

九州地方ではこの時点で3件目の導入になるうようです。
震災、豪雨災害も起きていましたので導入に伴った実例が既にあるので
今後は全国的に重要視されるでしょう。
震災時には、薬剤師や医薬品は時間差で登場しますが、ハード面等で苦慮する場合が多く、今後の震災時での調剤部屋として期待が持ています。

今回導入のモバイルファーマシーを導入しています大分県薬剤師会、和歌山、宮城は以下のような設備導入をされているようです。

・電子天秤
・自動分割分包機(ユヤマReno-S、21包)、
・錠剤棚(湯山製作所、300~500品目収納)、
・引き出し付き台カウンタ、電気冷蔵庫
・水剤調剤用シンク等の調剤に必要な機器、電源設備、
・各種タンク:清水タンク(20ℓ)、給水タンク(64ℓ)、排水タンク(70ℓ)
・地デジや衛星放送受信設備、デジタル簡易無線機等

いっぽうで、岐阜では、昨今の在宅医療関連を意識して
無菌調剤であるクリーンベンチが導入されている地域もありますので
今後の活躍が気になります。

事務側もPCを置くスペース等きちんと配慮されており機能的に使えそうですね

気になる投薬の場合ですが、車内で調剤して
サイドオーニグでヒサシを作り、そこで投薬の場になります。

 

今後は地方自治体に、費用要請で各薬剤師会が導入することになるでしょう。
実働例も増えてきたので、ぜひ全国導入してもらいたいと思います。

 

 

くじらブログの人気記事

薬剤師検査値処方箋トレーニング 1

ここ数年、検査値の処方箋の流れがきていますよね。 また日経Diでも記載されていましたが、以下のシーンが多くなってきています。 薬剤師業務で最近増加してきたこと ・医師から在宅等で処方内容を相談される ...

2

2021年現在で最高の保冷剤を今日は紹介。 季節がらアウトドア、ピクニック、キャンプと保冷剤が大活躍の季節。 保冷剤、スーパーやケーキ屋さんでもらう格安の保冷剤を使っていませんか? 格安の保冷剤は保冷 ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師業界情報
-

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と薬剤師転職 , 2021 All Rights Reserved.