薬剤師転職について

薬剤師転職・求人サイトをガッチリ比較

薬局運営・売り上げUPコンサルをしていて
時々遭遇する薬剤師転職求職者で困った内容。

閑話的薬剤師ブログで、今日は人事コンサルタントからの

困る困る困ったちゃん紹介求人の1例を紹介。

これは全国どの
中小規模の薬局社長も、このように言ってる案件になります。
[chat face="angry.png" name="" align="left" style="type1"]なんでこんな求職者を紹介するんだ!ナメられてる!怒。[/chat]

  • 未経験なのに年収600万以上打診の元大手管理職プライド薬剤師
  • MR、企業、公務員退職組、早期退職組からの、
    【意欲だけはあります】ので管理薬剤師可という、すぐ転職するパターン薬剤師
  • 正社員で、土曜日(または特定の曜日)勤務不可の 土日休み薬剤師
    (これは、状況によってはOKです)
  • 転職を1年以内OR数ヶ月、または長くても2年おきに繰り返しているが、
    【薬局は問題なく回せます】という謎のアピール、実は回せない薬剤師
  • 年収600万以上希望なのに、健康サポート研修、認定薬剤師、
    といった、調剤報酬改訂に合わせた資格が一切ない お金ファースト薬剤師
  • 薬局に転職して、御社では何ができるか、ではなくて
    開口一番、【数ヶ月おきに長期休暇を頂く事はできるか】という休暇薬剤師
  • 前職では年収が低くて・・という理由での嘘理由転職薬剤師
    (その職場に入る前に年収は提示されていたのでは・・)
  • 面談で、派手な服飾(派手なスーツ、派手な髪、服装)で登場の煌びやか薬剤師

といった具合に、全国の人事、薬剤師社長さんも苦労が耐えないようです。
現在は調剤報酬改定が平成28年(2016年)に、非常に厳しいものが出てしまいました。
人材派遣会社、または薬剤師転職求人紹介サイトによっては
担当コンサルタントが
この昨今の調剤報酬改訂の流れを把握されていないんだと、間違いなく思います。
地方部、難医療圏ではまだまだ高給与の薬剤師の求人がありますが、
現在の薬剤師の転職では、そろそろ本腰を入れて以下のようなスキルが最低条件に
なってくる可能性があります。

・調剤報酬改訂に合わせた柔軟な勤務
例: ●かかりつけ算定、医師への服薬情報提供書の作成、
外来服薬支援の算定、在宅勤務への心構え

●調剤報酬改訂に合わせた資格の有無
認定薬剤師、健康サポート研修、Jpal、在宅認定、HIV等
専門スキルの有無と過去の活用例があるかないか

●サブ薬剤師の場合、どのようなフォローができ、会社に
貢献できるか、具体的に、そして何を転職先ではしていくのか

●薬剤師として、現在または未来の自身の専門性はあるのか

まだまだありますがこれ以上は秘密。
ぜひ企業プランニングまたは転職薬剤師でのお困り際、ご相談ください(問い合わせ参照)

 

今日は数ある薬剤師転職、求人サイトからおすすめ2選。
薬剤師求人サイト ランキングです

[1b]

エムスリーキャリア


どこよりも安心の、薬剤師求人数、登録数No.1、断然おすすめ
ポイント
(特徴)
勤務状況に応じたフィルタから、勤務先を選べれる
全国ダントツの求人数
コンサルタントが丁寧、細やかな連絡、配慮
条件面だけでなく、詳細をヒアリングし、求人を打診する
一般公募でない、隠れ公募も紹介してくれる
なんといっても売上げダントツ。
求人数1位なので紹介薬局、企業、案件が非常に多い
人事、薬剤師社長に聞いた良い人材おすすめ会社と言われる
 デメリット 企業面談の際にコンサル同伴ではない
 オススメ度 [star5.0]

[2b]

2位 リクナビ薬剤師


リクルートが展開するリクナビ薬剤師。専任のコンサルタントがついて、最後まで
案件を探してくれる
ポイント
(特徴)
業界大手の30000件以上の求人
M3キャリアを使用しない、または専任のコンサルタント
が面談まで同伴を求めるならここ。
満足度が1位になった経歴があり、良いサイトでもある
非公開求人が多く、業界ではトップ。
デメリット 業界トップ、担当コンサルによる場合あり
評価 [star3.5]

薬剤師の求人サイトであまりやらない方がいいのが、
複数のサイトに一気に登録するのは辞めた方が無難です。

企業、薬局側も、同じように広告や求人を出しています。
ただし、それは大手に限る場合が多く、小さな人材派遣会社や
あまり大きくない転職サイトである場合、広告がない、または
人材コンサルタントにコンタクト取ったことがない、という場合がありますので
やはりここは業界大手を選ぶべきだとブログ著者はおすすめします。

ひどい薬剤師転職サイトになると、
調剤報酬の流れを把握していない、
薬局の営業時間もわからない
繁忙状況も把握していない、など全く力になりませんので本当に注意してください。

よい薬剤師転職サイトを使って、転職しましょう。

大人女子の旅を応援する「MILESTO」 旅行に通じたツウな商品はMILESTOへ↓


くじらブログの人気記事

1

自分らしい生き方にはコツがあります。 一言で言えば、コミニュケーション能力を鍛えること。 これだけです。簡単と思えるのではないでしょうか。 コミニュケーションを鍛える。これが自分らしく生きるコツです。 ...

2

中小規模の薬局の経営層、若手中間層と話していて、皆さん同一のご意見内容があります。 それは、「地域連携薬局を目指していたが難しくなってきた」 切実な悩みでしたが、同じように思っている薬局は多いのではな ...

3

5月6月は、毎年薬剤師の転職が滞る時期。 くじら薬剤師自身この1ヶ月は転職のお手伝い薬剤師を行い、苦労しておりました。 実際、中途薬剤師における転職難易度は正直 年々上がっているんです。 数年前までは ...

4

2016年から働き方改革が流行し、2019年には副業を視野に入れた 働き方改革、という名のマジックワードを使用して適正な労務管理としっかりとした 休日体制、有休消化について国が中心となり政策を進めてい ...

5

  マスク生活がコロナの影響で日常となっています。 マスク警察ならぬ、鼻毛警察までのワードが出てきてしまいましたよね。 今日はマスクで怠りがちな身だしなみ、エチケット部分 いわゆる「鼻毛処理 ...

6

今日は冒頭に。今回の主題ではないんですが専門医療機関連携薬局の話ではなく、薬剤師が忘れやすいある厚生労働省のワードを引用します。 なぜならあらゆる法人で勤務してみて、まだかかりつけに対して否定的な意見 ...

-薬剤師転職について
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 薬剤師の98%が知らない薬局運営と転職 , 2021 All Rights Reserved.